家づくりは急がない身近な地域の工務店がいい | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 家づくり > 家づくりは急がない身近な地域の工務店がいい

家づくりは急がない身近な地域の工務店がいい

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

009

家を建てる時の発注先を選ぶ時、「安心」は大きなポイントのひとつです。
そうなると、名の知れた大手ハウスメーカーを選びたくなるのはもっともです。
もし、あなたの周りに家を建てた人がいたら、大手ハウスメーカーに頼んだ人と工務店に頼んだ人、両方の話を詳しく聞いてみてください。

大手ハウスメーカーは安心?

例えば、こんな話が聞けるかもしれません。
「大手ハウスメーカーの営業さんは、ものすごく値引きしてくれたよ!」
一見とても良い話のように思えますが、これは契約を急いでいる時によくあることです。ハウスメーカーの営業マンは、大きな組織のサラリーマンであり社内での競争も厳しいものがあります。どうしても自分の成績を第一に考える人が多くなります。今月、どうしてもあと1件契約を取りたい――そんな気持ちで、すぐにでも契約をしたいと考えてしまうのです。そのためなら、大幅な割引を厭わない。しかし、裏を返せば大幅値引きをしても会社に利益が残る仕組みが最初からあるということです。
(実は、私の妹夫婦が家を建てる時のMHの営業マンがこのパターンでした)

大手ハウスメーカーはオプションが嫌い?

そしてもうひとつの落とし穴は、大手ハウスメーカーが契約する時の価格は標準仕様のものだということです。企業側の標準仕様から外れたものを使おうとすると、オプションとしてどんどん追加料金が発生してきます。自分の家づくりにこだわりたい人には、向いていないと言えます。
でも、大手なら小さな工務店より施工がしっかりしていて安心では……と思うかもしれません。ところが実際は、下請けとして現場近くの工務店が施工を請け負っていたりします。ただ大手の良いところは、管理体制がしっかりしていて「会社の製品」として均一な品質を期待できるという点です。
その代わり、製品なので細かい要望を叶えることが難しく、会社主導の家づくりになってしまいます。

人生最大の買い物はじっくり考えて

地元の工務店は、その逆です。
しっかりと自分で判断して発注先の工務店を選ぶ必要があります。地域での評判や施工例が、良い工務店を選ぶポイントです。
大手ハウスメーカーと違うのは、お客様が家づくりの主役になれることです。工務店は、お客様の要望を叶えるために最大限の努力をしますし、お客様主導で家づくりをします。
一生のうちで一番大きな買い物である自分の家を、じっくりと楽しみながら考えて作りたいと思うなら、ぜひ身近な地域の工務店を訪ねてみてください。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP