マイホームで暮らすか、賃貸住宅に住むか | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 家づくり > マイホームで暮らすか、賃貸住宅に住むか

マイホームで暮らすか、賃貸住宅に住むか

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

家族で時間を掛けて理想の家を専門家と一緒につくる注文住宅。あるいは立地条件や間取りなど家族の理想に近い分譲住宅を購入して暮らす――「マイホーム」という言葉は、本当に夢のある響きです。
しかし、マイホームを持つことが必ずしも良いとは限らない人たちもいます。

賃貸住宅で暮らすメリットとデメリット

マイホームとして家を所有せずに、賃貸住宅で暮らすことを選択する人たちもいます。
賃貸住宅のメリット・デメリットを考えてみましょう。

賃貸のメリット

 家のメンテナンス費用がかからない。
 固定資産税を払わなくてよい。
 移り住むことが簡単にできる。
 近所付き合いが気楽。

やはり一番のメリットは、移動が自由ということでしょう。引っ越しがしやすい分、ご近所との付き合いは持家ほど気を遣わずに済みます。

賃貸のデメリット

家賃や更新料が発生する。
他人の所有物なので自由度が低い。

デメリットは、いくら家賃を支払っても自分たちの資産として残らない点です。
また、インテリアやDIYがしたい人にとっては、原状復帰が求められる賃貸では不満が出てくるでしょう。オーナーによっては、画びょう1つさえ認められない場合もあります。

持家のメリットとデメリット

一方、家を所有するマイホーム派のメリット・デメリットはどうでしょうか?
当然と言えば当然ですが、賃貸とは逆になります。

持家のメリット

 自分たちの資産として残る。
 室内を自由にいじることができる。

財産になる、というのは大きなメリットですね。他のデメリットを全て合わせても上回るメリットになり得るので、マイホームを希望する人が多いのでしょう。
自分たちの所有物ですから、飾り付けもDIYも気兼ねなくできます。ここに棚が欲しいな、と思えば付けていい自由さも大きなメリットですね。
戸建ての場合では、子どもの足音などを気にしなくてよい・自由にペットを飼うことができる、というのもマイホーム派が多く挙げるメリットです。

持家のデメリット

 家のメンテナンス費用が発生する。
 固定資産税が発生する。
 簡単に引越しができない。
 近所付き合いが大切。

一番大きなデメリットは、やはり「簡単に引っ越せない」という点でしょう。
しかし、転勤がない・将来的に介護でUターンの可能性がない、というような人にとってはデメリットにはなりません。
メンテナンス費用については、賃貸の場合は共益費や家賃の中に含まれていますから、同じようにメンテナンスの費用を計画的に積み立てておくと安心です。

マイホーム・賃貸のどちらが良い・悪いと断じることはできません。
転勤が多いから賃貸を選ぶ人もいれば、持家を賃貸に出してライフスタイルの変化に合わせる人もいます。
どんな暮らし方をしたいのか――それを長期的な目で見ることが、どんな家で暮らすかの決め手になります。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP