建て替えできない土地に家をお持ちなら | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 家づくり > 家を建て替えたいのにできない土地

家を建て替えたいのにできない土地

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

家を建て替えたくても、できない土地があります。
いわゆる公に認められている道路に敷地が接していないケースがもっとも多いでしょうか。

昔は大地主さんが自分の土地を適当に区画して人々に貸していました。そこには公道はなくても家を建てることができた時代がありました。
本当の道路(公道)には通路や路地でつながっているので人の通行は問題ありません。しかし、今は防火上の問題でそうした土地に家を建てる許可を得られなくなっています。

法的に建て替えのできない家は、どうすればいい?

現在ある家屋を取り壊して更地にしてしまうと、新たに家を建てられない土地があります。これは「再建築不可物件」と言って、実家を建て替えたいというような場合にしばしば起こる問題です。
先にも説明したように、建築基準法には「幅4m以上の道路に2m以上接した土地」でなければならないという決まりがあって、昔の家はこの接道義務を満たしていない場合があるのです。家が老朽化して危ない。行政は老朽化建物や防火上危険な建物は建て替えを勧めています。でも、それができなくて困っている人がまだまだたくさんいるのに行政は対策を考えてくれません。

こうなると、建て替えではなくリフォームを選択する他ありません。
このリフォーム工事も決して容易ではない場合が多く、大きな会社に依頼して見に来ても断られてしまうこともよくあります。

そんな時は地元の、地域に密着した工務店や大工さんに相談してみるといいでしょう。
地元の事情を知り尽くしていますし、手間のかかる仕事も誠意をもって、しっかりやり遂げてくれるはずです。
なぜなら、地域密着型の工務店・大工さんは地元の評判が命だからです。

地元の工務店・大工さんなら、その地域で同様の施工をいくつも経験してきています。
そういうところはアフターもしっかりしているので、長く気持ちの良いお付き合いができることでしょう。
建て替えのできない土地でも無理だと諦めずに、地元の工務店・大工さんと二人三脚で快適な家づくりをしてください。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP