家づくりと資金計画の関係|家づくり資金計画なら | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 家づくり > 家づくりと資金計画の話

家づくりと資金計画の話

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

私は家づくりのご相談に来られた方には資金計画づくりを最初にお勧めしています。

間取りよりも資金計画

悔いのない家づくりをしてほしいからです。でも、お客様は最初から間取りやプランの話を聞きたがります。
どんな家になるのかを知りたがります。理想の家を考えるのは楽しいですからもっともです。

私に相談に来られる前には家族で家づくりの話を重ねてきているはずです。そこでは家族一人ひとりが各々の理想の家、部屋、空間を思い描いています。夢が膨らんでいます。あるいは、まったく想像もつかず、どんな家がいいのか、家になるのかわからず、すぐにでもわたしたちプロから素晴らしい提案が出てくることを期待されている方もいます。

いずれにしても家の間取りありき、プランありきの状態です。この状態のまま家づくりを実現してしまうと、
引っ越した時が一番幸せで、生活をして日々が過ぎていくたびに幸せ度が下がっていく場合があったりします。

借りられる額ではなく返せる額で考える

この原因がしっかりとした資金計画をせずに家づくりを進めたことだと感じます。家づくりに潤沢な資金があるご家族は稀だと思います。ほとんどのご家族は生命を担保に家づくりをします。自己資金だけで家づくりをできる方は少なく、住宅ローンを組んで家づくりを始めます。新居で暮らし始めてからその返済が始まります。普通に金融機関で住宅ローン相談すると借りられる最高限度額がわかります。その額を全て家づくりに充ててしまうと、先の生活がたいへんなことになってしまうことが予想されます。

家づくりは借りられる額で考えるのではなく、無理なく返済できる月々の返済額から割り出すことがとてもたいせつになってきます。そのために資金計画が必要なのです。

資金計画は専門の方に相談しよう

資金計画はファイナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザーなどの専門の方に相談するのがいいと思います。とりわけ中立な立場でアドバイスをいただける方がいいです。家づくりの資金計画では保険や教育資金などの見直しなども考慮して考えていきます。

その際、その見直しが自分の仕事に直結するような立場の方に相談すると、保険会社の変更を勧められたりすることもあります。こうした方は無料で家づくりの資金計画相談にのっていただけるのでありがたいですが、見極めたいところです。もちろんアドバイスが適切で、保険の見直しなどに納得できる場合は良い方と出会えたと喜べるかもしれません。

理想の家よりもしあわせづくりを目指して

とにかく家づくりには純然たる家づくり費用以外に様々な諸費用がかかってきます。新居で暮らし始めてから発生する家族の費用もあります。教育費用だったり、医療費だったり。また、家族の楽しみのための費用も考えておかないとしあわせ感が乏しくなってしまいますね。

理想の家でくりはもちろんたいせつですが、新しい家で楽しく、しあわせに、末永く暮らすには、悔いのない家づくりになるための資金計画づくり、ライフプラン作りが一番先に必要であると、私は考えています。

悔いのない予算がはっきりしたら、さあ次は理想の家について考えていきましょう!!

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP