マイホームの今の環境を良くする風水|風水を生かすなら | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 家づくり > マイホームの「今」の環境を良くする風水

マイホームの「今」の環境を良くする風水

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

家相

家相という言葉をご存じですか。家相という言葉を知らなくても鬼門、裏鬼門という言葉は聞いたことがあるかもしれません。

これからマイホームを建てようとするとき、部屋の配置を家相の良い方向と悪い方向を考慮してマイホームの間取りを考えていく方もいると思います。たいせつな家族の家ですから、みんなにいい作用が働く間取りにしたいと思うのはもっともです。

でも、実際には全ての部屋を家相通りに間取ってマイホームを建てることはたいへんですし、無理に家相に合わせてしまうととても使い勝手の悪いマイホームになってしまいます。ですから、家相もほどほどに活用していくことがいいと思っています。長く暮らすマイホームが使い勝手の良くない家では本末転倒になってしまいます。

家相は昔から家づくりについて言い伝えられてきたものですが、昔の家事情と今のそれとは大きく違ってきていますので、家相の意味合いも変わることがあります。

風水

一からマイホームをつくるのであれば家相をチェックして部屋の間取りを考えることができます。でも、中古住宅に住むとか、マンションを買うと言った場合は家相を考慮することはできません。家相に合わせてリフォームすることもできますが、負担も大きいと思います。こんなケースの時は、家相の凶作用を弱める対策で対応することができます。

風水という考え方です。部屋があまり良くない方角にあっても、その良くない作用を弱める方法・考え方が風水にはあります。それは物理的に行えるものもあれば、気持ちに良い作用を与えるという考え方もあります。

風水建築士

このたび、わたしは風水建築士という資格を取りました。そして風水の考え方を学んできました。風水は奥がとても深く、学ぶことはたくさんあり、勉強の日々です。

それまでは、私自身も家相というものを意識してマイホームづくりをお手伝いしていました(家相を気にしない家づくりの専門の方はいないと思いますが)。でも、今ではかなり気持ちが楽になりました。

マイホームを計画する方の中には全く家相を気にしない方も多くいます。でも、マイホームの計画上で家相からみて、たとえば部屋の位置が良くない方角になってしまいそうだということを知っているのにお伝えしないのはいけないのではないかと考えます。でも今は、どんなマイホームづくりでもお施主様ご家族のしあわせに貢献できるのではないかと感じています。

風水については何かスピリチュアル的なものとか、怪しげなものというイメージがあるのも理解しています。ですから、全ての人が風水の考え方を取り入れる必要はありませんし、それを押し付ける気もありません。
あくまでもご依頼者、ご相談者から求められた時に風水を生かしたアドバイスもできます、ということです。

どんなマイホームでも、ご家族が長く、快適に、健康に、そしてしあわせに暮らしていけることが私の家づくりの根本です。そのためのサポートの一環として風水建築士の資格を生かしていきたいと考えています。

気になる方、ご興味のある方はどうぞお問い合わせください。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP