マイホームづくりと地鎮祭|マイホームづくりなら | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 家づくり > マイホームづくりと地鎮祭

マイホームづくりと地鎮祭

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

地鎮祭

マイホームづくりが決まり、いよいよ基礎工事に着手という段階の前に、多くの方が行うものがあります。
「地鎮祭(じちんさい)」という儀式です。地鎮祭はこれからマイホームを建てるにあたり、土地の神様にお施主様の隆盛を祈願するとともに、工事を請け負う私たちや実際に工事に携わる職人たちの安全と工事がスムーズに進むことを祈願していただく儀式です。

マイホームを建て替える場合には、すでにそこに長く住んでいた方がさらに住み続けることになるので地鎮祭を行わない場合もあります。一方、新しい土地を入手してマイホームを建てる方は地鎮祭を行うことが多いと思います。しかし、近年では地鎮祭を行わない方も増えています。儀式ですし、少なからず費用が発生するので省いてしまうこともあります。

快楽より痛みに結びつける

私たちもマイホームづくりの時に地鎮祭をしたほうがいいかどうかを尋ねられます。絶対に行わないといけないというものではないですが、自分の身に悪いことが起こると、何か行わなかったことに原因を結びつけたりする人の習性があることに触れながら、地鎮祭を行うことをお話ししています。人は自分に気持ちのいいことより痛みに反応しやすいですから。

私たちにとってもありがたい儀式

先ほども触れましたが、お施主様自身にとっても有意義なことはもちろんですが、私たちが一番ありがたいのは工事に携わる全ての人の安全・安心を祈っていただけるということです。私たちは責任を持ってお客様の家づくりを進め、無事にお引渡しします。地鎮祭の有無は関係ありませんが、儀式として、私たち工事に携わる者の身にとって、ありがたいという気持ちが起こるのも事実です。

厳粛な儀式

私たちに、「よし、これから○○様のマイホームづくりが始まるぞ。」という気合も入ります。日本人特有の考え方なのかもしれません。「お施主様の家づくりが始まります、一緒に素晴らしいマイホームをつくってまいりましょう。」と言う意味も込めての厳粛な儀式だと考えています。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP