家づくりの夢を叶える予算|悔いのない家づくりなら | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 家づくり > 家づくりの夢を叶える予算

家づくりの夢を叶える予算

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

突然の家づくり相談

以前の話。


家を建てたいので相談したいとA様から連絡がありました。すでに図面はできていて、知り合いの設計士に依頼してプランニングしていただいたとのことでした。

なぜ当社に相談したいのかを尋ねると、「実はすでに依頼した工務店がありましたが、その予算では出来ないと断られました。ネットで自然素材の家づくりをしている御社を探しました。」とのこと。たいへんありがたいと思いました。なぜ工務店に断られたのか理由を尋ねると、家づくり予算が全く合わないとの答えでした。

予算に合わない家づくりプラン


設計士のプラン図面とA様のご要望を確認したうえでご予算をお聞きするととても厳しい予算でした、当社でも。というより、工務店ではどこでも無理ではないかと思うくらいの予算額でした。家づくり予算とそれに基づいて描かれたプラン図面はかけ離れていたのです。

A様に「設計士には事前に予算を伝えたのですか?」と尋ねましたが、予算を伝えて設計を依頼したようでした。その設計士は家づくりに関する実績はかなりあるとのことでした。だから、A様も信頼して予算を伝え、設計を依頼したのだと思います。しかし、予算に見合わない設計だったといわざる得ない。その設計士の思いが強く入り込んでしまったのか、予算に合わせた設計をそもそもできないのか、それはわかりません。断られた工務店から言われた概算金額を聞くと、私どもとしても妥当な金額でした。多少無理してできるという金額ではなかったのです。

家づくり予算は一番最初に把握する


予算に合わせるには家の広さを小さくするのが一番効果が高いのですが、それは大きく夢を削ることにつながってしまいます。一度夢を形にしたプランが出来上がると、それから削っていく作業はつらいものがあります、お客様も私も。内外装の仕上げ材などを変更したくらいでは家づくり金額を大きく下げるには効果が薄いです。

苦渋の提案ですが、最初から設計を見直すことをご提案しました。しかし、すでに建築確認申請直前まで進んでいるということと、A様の引越希望日が決まっていて動かせないという大きな障害がありました。
「う~ん、どうしたもんかな。これは困ったな。たいへんだぞ。」そう思いました。2時間近くいろいろと話をしました。結果、私どもがお役にたてる接点が見つかりませんでした。

設計のプロは必ずしも家づくり予算のプロではない

A様にとって初めての家づくりです。ご両親と自分のご家族との2世帯住宅をつくり、夢の暮らしを思い描いて設計士に依頼したのです。事前に予算も伝えていたから、できあがってくるプランは予算に合ったものだと考えます。もし予算オーバーしそうであれば、プラン作りの途中で伝えてくると思いますよね。正確でなくてもいいと思います。長く家づくりを手掛けていれば感覚として予算のことがわかると思います。

家づくりの打合せ途中で、夢を小さくしてしまうような提案はたいへんしづらく、嫌なものです。でも、家づくりをした後のご家族のしあわせな暮らしが本来希望しているはずですから、家づくり予算をしっかりと把握した資金計画を立てることを蔑にはできません。

悔いのない家づくりのために


私たちは家をただつくるだけの会社ではありません。「悔いのない家づくりでしあわせな暮らし」を実現するためのお手伝いをして、みんなが笑顔になることがミッションです。せっかく相談に来られたのに、お役にたてないのはとても心苦しかったです。どんな会社と誰と家づくりをしていくのかはとても大きな、たいせつな決断ですが、家づくりの資金計画はとても重要なご家族の最初のステップです。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP