地震に強い家づくり|家族を守る家なら | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 家づくり > 地震に強い家づくり

地震に強い家づくり

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

建築基準法の考え方

これからかなりの確率で関東に大地震が来るといわれていますね。すでに家を持たれている方はもちろん、これから家を建てようと考えている方は耐震性にとても関心を持たれていると思います。家の新築では建築基準法を守った計画をしないと新築許可をもらえません。ですから、基準法さえ守られていればいいという考え方で家づくりがされている場合があります。しかし、この基準法は必要最低限の基準です。

こと地震に対してはこの基準さえ守っていれば大丈夫とは言えないことが起きています。木造の家の場合、3階建て以上になると構造計算が義務付けられますが、2階建てまでは必要なく、各ハウスメーカーで耐震性を考慮して建築されます。しかし、これから来るであろう大地震に対しては真剣に耐震性を考えたほうがいいと思います。

基準法の大地震に対する目標性能は「倒壊を防いで、命を守る」ことです。
これは大地震からは「命は守られたが、家に住めない、あるいは建て直さないといけない」ということを意味します。

家の高い耐震性能が求められている


先の熊本地震では本震だと思っていた揺れが実は前震で、本震はそのあとに来ました。つまり、本震と同じかそれ以上の揺れが続けて起こったということです。最初の大きな揺れに耐えられた家でも、次の大きな揺れには耐えきれず倒壊してしまった家屋がたくさんあったようです。

あなたが望む耐震性能は倒壊しないのはもちろんですが、「大地震後も補修すれば住み続けられる家」でなないでしょうか。

基準法を満足するレベルは耐震性の性能設定としては低すぎるといわれています。

建物の性能は今や自分で決める時代です。自ら家づくりする方はいろんな要望を伝えられます。が、分譲住宅などすでに完成している家を買われる方は注意が必要かもしれません。木造の家の耐震性能を高めることはそれほど難しいことではありませんが、やはり費用はかかります。販売価格も大切ですが、耐震性能向上対策がされているか否かをよく吟味されることをお勧めします。

木造の家の地震対策


木造の家の地震対策として3つあります。

1.免震:建物の下に装置を設置して地面の揺れを建物に伝えない

2.耐震:壁を多くしたり、固めたりして地震の揺れに耐える

3.制震:壁に入った地震エネルギーを吸収して揺れを抑える

それぞれメリット・デメリットはあります。当社がある足立区は地盤が軟弱なので、免震は適していません。また、免震はとても高価です。耐震は基準法をクリアできる方法で、標準になりますが、繰り返しの地震では強度が落ちる可能性が高いです。免震は比較的安価に施工でき、地震力の低減効果も実証されています。また、新築だけでなくリフォームにも使えます。

木造の家、特に2階建ての家の耐震性能を上げるために、構造計算をしっかりと行う、あるいは有効な耐震補強を選択することが自己の責任でできます。家を支える地盤もたいせつなことは言うまでもありません。

「倒壊せずに補修して住み続けられる家づくり」、
「家族の命だけでなく生活も守れる家づくり」
を選択しましょう。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP