小さな家ならではのメリットを活かす|小さな家なら | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 家づくり > 小さな家ならではのメリットを活かす

小さな家ならではのメリットを活かす

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

小さな家のイメージ


小さな家はいやですか?小さな家より大きな家がいいですか?広い家がいいですか?
小さな家のイメージはマイナス感がありますか?

小さな家は、そうせざるを得ない場合もありますし、土地は十分だけどあえて小さくつくるという方もいます。

小さな家のメリット

実は小さな家には大きなメリットがあります。

1.床面積が小さいから掃除する範囲が狭くて助かる
2.部屋が小さいのでエアコンの容量、台数が小さくて済むから光熱費を抑えられる
3.収納スペースが多く取れないので整理して収納することが上手になる
4.個室をたくさんつくれないので部屋同士がつながり、家族の気配を感じられる
5.屋根も外壁も面積が小さいので家全体の維持費用を抑えられ

どうですか?メリットを感じませんか?小さな家は主婦が喜ぶことばかりだと感じませんか?
そればかりか、小さな家では家族間の距離が近くなるので必然的に会話が増えます。お子さんの変化に気づきやすくなります。安心感があります。お子さんの成長過程においては家族の存在、とりわけお母さんとの触れ合いはとってもたいせつだと思います。

家族の関わりかた


以前、お子さんが学校から帰ってきて誰とも顔を合わせず自分の部屋に直行できる間取りの家で、お子さんの変化に気づかず悲しい結末を迎えた家庭の話題がありました。お子さんそれぞれの独立した部屋が持てることは理想でもあります。小さな家ではお子さんの部屋は工夫してつくらないとなりません。お子さんの成長過程に応じた変化に対応できる工夫も必要です。工夫次第でお子さんの部屋を個室風につくることはできます。

小さな家の工夫


家が小さい場合無駄なスペースをつくりたくないですから、ただ通るためだけの廊下やホールを減らす工夫が必要です。部屋にその機能を兼ねさせることが重要で、結果空間のつながった家になります。リビングに階段を設けることで共有スペースを通らないと個室に行けない工夫をしている家は今ではたくさんあります。ここで考えなくてはいけないのは、部屋がつながった家の場合は、室内環境の整え方を配慮するということです。個室単位ではなく家全体で空調・効率を考えていかなくてはなりません。そのためには断熱・気密・換気をしっかり計画した家づくりが欠かせません。これらの計画の負担を小さくできるのも小さな家ならではのメリットですね。

十分な広さの土地にあえて家を小さくつくり、家を大きくつくる費用を庭づくりに回して心豊かに暮らしていくのもとても素敵な家づくりですね。

小さな家のたくさんのメリットを活かして、楽な、豊かな暮らしを叶えませんか。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP