家づくりではなく健康づくり | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 健康 > 新年を迎えるにあたり―家づくりではなく健康づくり

新年を迎えるにあたり―家づくりではなく健康づくり

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

あけましておめでとうございます。
今日から本年の業務が始まります。

健康を保つ「家」づくりの依頼先

さて、当たり前のことですが、健康になること、健康であることは一番大切なことです。健康になるために食事に気をつけたり、運動をしたり、いろんな努力が欠かせません。その健康を保つために「家」にもできることがあります。

家が原因で健康を害してしまう方が多くなったために法律が制定されています。でも、それは健康被害を少なくするために守るべき最低限のものです。本来であれば、もっと規制の対象を広げたほうがいいのでしょうが、それに反対する勢力があるためできないのです。
国も大きいところには巻かれてしまいます。大きいところはすでに自社の商品、ブランドがあるのでそれを大幅に変更することには多額の費用を要することになり容認できないのです。

反面、小さなところは融通が利きやすいです。自社ブランドを確立している場合は別として、社長などトップの考え方ひとつで方向性を変えることができ、早い対応が可能なのです。社長の考え方がそのまま会社の取り組みに反映されます。お客様の個別のニーズ、需要に対応しやすいのです。ですから、法律で規制されていること以外のプラスアルファの対応ができます。

小回りが利くのは

健康に対して家にできることは小さな会社のほうが対応しやすいと思っています。健康のために食事や運動に気を付けるのは大切なことです。それらの努力にプラスして、外的要因から守るために家(部屋)にも気を付けてほしいと思います。家、部屋をどうつくるかは健康に大きく作用します。どうしたいか、どうしたらいいかは様々な情報の中から得ていく、学んでいくことがたいせつと思います。


すでに確立されたものを押し付けられる、選択せざるを得ない家づくりをするのか、自分の家をしたいようにするためにできることは何かを一緒に考えてくれる会社に頼むのかはとても大きな判断です。大きいところに頼む良い点はもちろんたくさんあります。

小さいところに頼む良い点も劣らずにあるのです。それは物的な面だけではなく、心理的な部分にも及びます。家はつくってからが長いです。住み続けていく間にはいろんなことが起きてきます。小回りが利くという言葉がありますが、家に何かあったときの対応は大きいところより早いです。職人の手配もすぐです、営業マンを介しないですから。


わたしはお客様ご家族を健康に支えたいと思っています。そのための家づくり部屋づくりは当然ですが、
どうしたら健康でいられるかということをトータルにサポートしたいと思っています。
そのために食事のこと、運動のこと、心のことなど少しずつ学んでいき、活かしていきたいと思っています。

今年一年よろしくお願いいたします。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP