家の断熱があなたを守る | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 健康 > 家の断熱があなたを守る

家の断熱があなたを守る

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。


外だけではない、家の中の熱中症からあなたを守る。

家があなたの健康を守るために必要なコト。
家とあなたの寿命を伸ばす家に必要なモノ。

それを知ることが家づくりには欠かせない。

家の中の熱中症を招く原因


熱中症は実は室内での発生が最も多く、我慢せずにエアコンをつけましょうと促されているが、それだけではこの問題は解決しない。日本の住宅の断熱性能が大きな原因であることは周知の事実である。日本の住宅の断熱性能はまだまだ国際レベルではない。欧州に比べて低く、「夏暑く、冬寒い」仕様なのである、まだまだ。

記録的猛暑となっている今年の夏。熱中症での搬送者数も過去最高ペースとなっている中、「室内で熱中症死」というケースも多発している。東京消防庁によると、熱中症発生場所の4割超を占めて最多なのは「住宅等居住場所」、つまり家の中なのだ(2015年6~9月の数値)。

家の断熱性


温度に対する感覚が弱まっている高齢者の場合、エアコンをつけずに自宅にいて熱中症になるケースがある。また、エアコン代を節約したくて…という人もいるだろう。しかし、あまり議論になっていない根本的問題点がある。それが日本の住宅の「断熱性能」で埜断熱性ある。
十分な断熱性能があれば、30~40坪の家の場合、エアコン1つあれば夏も冬も快適に過ごすことも可能だ。

家の断熱性を高める工夫

特に窓の性能は断熱性向上の大きなウエイトを占めている。外から伝わる熱のおよそ半分は窓経由だからだ。断熱性の高い樹脂サッシや木製サッシと、二重ガラスや三重ガラスに交換すれば、それだけで部屋の中の暑さはだいぶ和らぐ。サッシが交換できない家の場合、今ある窓に内窓をつけて二重窓にするなどの方法もあるが、こうしたリフォームを家中の窓にしようと思えば、かなりの出費は避けられない。簡単にでき、安く済ませるには、効果は落ちるが、シェード(よしず)やオーニング(可動式の日よけ)を設置するだけでもだいぶ違う。熱を室内に入れる前に防ぐというわけだ。
さらに完璧にしたければ、外壁の断熱工事や天井と床下も断熱仕様にする方法がある。エアコン代は半減し、家計にうれしい。断熱性能の高い住宅は省エネ効果が高いのだ。

断熱は家の寿命も家族の健康も守る


断熱性の高い住宅にする大きなメリットは、建物全体の断熱性能をアップすることで得られる電気代削減以外に、家の寿命を伸ばす効果があることだ。
家とりわけ木造の家を劣化させる大きな原因は「水」である。雨漏りはもちろん、水漏れや結露などが木部を腐らし、建物の寿命を大きく縮めるのだが、断熱性を高めることで、結露防止につながる。窓の結露は見えるが、実は壁の中で起きる結露がくせ者なのだ。

さらに、家族の健康を助けてくれる。夏場の熱中症が恐ろしいのはもちろん、冬になれば、寒すぎる家、あるいは部屋間の温度差で、ヒートショックによる心臓病や脳出血、脳梗塞を引き起こすことが知られている。家の断熱がしっかりしていれば、こうした命の危険から家族を守れるのだ。ただ、現実には夏にも冬にも家の断熱性能が低くて住人の命が脅かされる、というのが日本の住宅の抱える大きな問題点であるのはたいへん悲しい。

家づくりの課題

断熱や省エネに理解のない工務店もまだまだ多いという事実がある。断熱リフォームをしようにも、工務店探しが大きなネックになってしまう。

断熱住宅先進国と言えるドイツでは、省エネ政策の一環で断熱住宅を推進している。一方、日本では省エネ基準が新しく導入されても、それは大手企業(ハウスメーカーを含む)が取り組みやすいことが基準であるようで、高性能の断熱性能を標準化することが難しいらしい。もちろん、戸建てハウスメーカーの9割を占める中小工務店の負担への配慮もあるとは思うが。

地球温暖化が進んでいる中、「暑すぎる夏」は今年で終わりではないだろう。エアコン設置・使用で対処するだけではなく、それ以前に住宅の「断熱性能」という根本的な問題に目を向け、住宅取得者ももっと自分の健康を真剣に考えていくべきではないだろうか。
(参考記事-ダイヤモンド・オンライン編集部 2018/08/30ダイヤモンド・オンライン編集部 津本朋子)

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP