家づくりに安心を求める|安心の家づくりなら | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 家づくり > 家づくりに安心を求める

家づくりに安心を求める

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

安心の家づくり資金計画

家を新築する、家をリフォームする、家をリノベーションする。そう思い立ったときに何を最初に考えますか。できあがった後のあなたの暮らし、家族の笑顔など、実現できたら楽しいことを思い浮かべますよね。そして、その家づくりが安心、安全でなければなりません。

では、家づくりの不安は何でしょうか。大きな要素は予算、資金計画でしょう。あなたの家づくりを実現するために必要な金額と予算を比べて、苦しい返済とならない資金計画を立てないと後悔します。もっともたいせつです。

あなたの理想を実現できたけど予算をオーバーし、その返済のために日夜働く羽目になり、描いていた家族との楽しい暮らしが送れないとなっては本末転倒です。安心して家づくり後も暮らしていくためには実現したいコトの優先順位付けがとっても重要です。全てのコトを実現は難しくても、予算の範囲内で優先順位の高いコトから叶えていけたら、満足度をあげることができると思うのです。

安心できる家にしたい

安心できる家づくりに必要な性能というものもあります。
現状の家に不便、不満、不安があって新しい家づくりをするわけですから、その3不を解消するために性能を高めることはとても有効です。

耐震性を高める、快適性を向上させる、利便性を高める、家計の負担を少なくする。高める性能はいろいろあります。これも予算との兼ね合いで、優先順位をつけて考えていくことになります。

大地震の発生確率が高まっている今、耐震性を高めるのは急務であるかもしれません。

夏暑く、冬寒い家が引き起こす体調の不調やけがなどの不安を解消するのが先かもしれません。
特に高齢者の家庭内事故が多いことが報告されています。床の段差によるけがや冬の部屋間の温度差から起こるヒートショックの事故。特にヒートショックの事故はとても多く、その後に長期の療養が必要になる場合が少なくありません。夜中のトイレで倒れる、お風呂から上がってきて脱衣室に出た直後、あるいは脱衣室から冷えた浴室に入った途端など高齢者の体に大きな負担を与える原因を抱える家はまだまだたくさんあります。家計の負担が増えることにつながります。

安心した使い勝手の家づくり

モノが知らず知らずのうちに増え、足の踏み場もないほど散らかってしまっている。今更どう整理整頓、収納したら良いかわからず、でもなんとかしたいとあきらめきれない状態の家もあります。モノを減らし、モノの居場所を決めてあげるととても使いやすくなることはわかっている。でも、自分ではなんともできない。イライラばかりが募ってしまう。散らかっている家は地震の時にもやっかいです。そんな方のために整理収納アドバイザーや住宅収納スペシャリストといった人たちが注目を集め、活躍しています。

家にいる時間が長いのは主婦なので、家事動線を考え直すだけで家事が楽になることもあります。
こうした不便、不安、不満を解消するための家づくりを急がれる方も多いです。

安心して家づくりを任せられる

家づくりをどこに頼むか、依頼先の安心もたいへん重要です。あなたが安心できると判断する基準はどんなコトですか。有名であること、どこよりも安いこと、技術力、商品の多さ、よく社名を見かける、社員が多い、営業年数が長い、口コミ、知人からの紹介、社長や社員・スタッフの人柄。基準はたくさんあります。依頼先選定も家づくりの大きな安心につながります。

しっかりとした資金計画を立てて、不便、不満を解消する家を不安のないところに依頼することが家づくりの安心につながります。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP