住宅を注文してつくるときこだわることは何でしょう? | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 家づくり > 住宅を注文してつくるときこだわることは何でしょう?

住宅を注文してつくるときこだわることは何でしょう?

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
創業78年、足立区で木造注文住宅専門の
村松工務店 代表の村松実です。

住まいはこだわってつくりたい。

40fe26441d6762c8f633b68f1e207724
初めて家を手に入れるなら建売住宅やマンションではなくて注文で住宅を建てたい、
と思っているのならとことんこだわりたいですね。

現在住んでいる住宅がどんな家なのかで、
今感じている不満や不安などの数や質が違ってきます。

新しく注文して住宅を建てるのなら、
こうした不満や不安を解消でき、
そのうえで自分たち家族の理想を実現していきたいと思うでしょう。

では今の住宅の不満や不安はなんでしょうか。

使い勝手のことでしょうか。
主婦なら使い勝手や動線が気になっているかもしれません。
あるいは、みんなと会話できる対面型のキッチンが欲しいなど、
設備に理想があるかもしれません。

ご主人は自分の書斎が欲しいと思っているかもしれません。
子供たちは自分の部屋をもって友達を呼びたいと思っていることでしょう。

おじいちゃんやおばあちゃんは
ゆっくりできる和室があったらありがたいと考えているかもしれません。
家族それぞれに様々な思いがあると思います。

今取り上げたことは住宅の間取りの部分のこだわりです。
目に見える部分です。

でも、目に見える部分であっても
そこに身を置いたときに感じる
ご自身の感情や感覚があるはずです。

間取りや設備を改善することで、
便利になると同時に家族とのつながりやみんなの気配を感じて
安心感があるという方もいるでしょう。

寛ぎや癒しなど自己重要感を感じることもあるかもしれません。
友達を部屋に呼べて楽しいと感じることもあるでしょう。

こうした家族一人ひとりの理想の生活を送るために
住宅を注文して建てます。

そして、
住まいの環境もしっかりと理解して
こだわってほしいのです

住宅の環境は快適な暮らしにとって重要です。
特に厳しい季節を快適に過ごすためには住環境を整える必要があります。

そのためには家そのものの温熱環境を高めることがたいせつです。
具体的には断熱性能と気密性能を高めることです。

断熱と気密は切っても切れない関係です。
双方の性能を同時に高める対策が必須です。
その効果は、たとえば暖冷房設備を使って適温に調整された室内を
長く適温に維持できるようになります。

それにより冷房機器の運転頻度が軽減されるので、
結果として光熱費の削減になります。

真夏、真冬の電気代がとっても高いのはしょうがないとはいえ、
家計にはつらいです。
この光熱費だけでも減らせるとうれしいですね。

また、厳しい季節を快適に過ごせることは
からだの弱い方にとってはけがや事故から身を守ることにつながるので
医療費の削減にもなります。

さらに、しっかり家全体の断熱・気密が保たれていれば
家中どこでも同じ室温にできるので家の中の移動も楽です。

昔の家では、みんなが集まる部屋だけが快適になっていて、
その部屋から出るのが億劫になってしまうことが
少なくありませんでした。
これでは家の広さを充分に生かすことはできません。

家を注文でつくる場合には、
間取りや仕上げ、設備など目で見える部分だけではなく、
目に見えないが確かに住む人にとって
影響の大きい室内環境を
整えていくための
工夫をするよう注文してほしいと思います。

地場の工務店は地域の家を、暮らしを見守っていることが多いと思います。
何かあればすぐに対応できる体制にしています。

また、その工務店の家づくりに対する考え方が地域に広まりやすいので、
しっかりと住む人のことを考えた住まいづくりをしています。

ご家族のこだわりをたいせつにし、
そこに足した方がいいものや引いた方がいいものがあれば
ていねいに説明して、永く住み続けられる住まいづくりに
貢献していきます。

住まいを注文して建てる依頼先にはさまざまな選択肢があります。
それぞれがこだわりを持って家づくりをしています。

家は大きな財産ですから、手間暇かけながら住み継いでいくものだと思います。
その家をいつまでも見守り続けられるところに
家づくりを注文することを心がけて欲しい
と思っています。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP