新築工事で地盤を補強します | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 新築 > 新築工事で地盤を補強します

新築工事で地盤を補強します

Written by:

上質な暮らしを提案する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

3階建て新築工事の進捗状況です。
地盤改良工事

足立区内はどこも地盤が弱く、地震時に液状化といって地盤が地下水によって膿んだ状態になる
恐れのある地域が多く存在します。
今回の新築もそんな液状化エリアに計画されています。

地盤調査をした後、そのデータを基にして構造設計士が地盤補強設計を行い、
その設計に従って地盤を補強します。

今回は地盤を改良する工事で、穴を深く掘ってそこに改良剤を流し込みます。
相当数の穴を掘って行います。

今回のような計画建物の場合、コンクリート造で建てる場合もありますが、
コンクリート造だと建物そのものの重さがたいへん重くなるので、
足立区のような地盤の良くない地域では、かなりの地盤補強工事が必要となり、
工事予算的にとても厳しくなるため、見送るケースが多いです。

以前、高田馬場でコンクリート造3階建てのマンション工事に携わりましたが、
その土地の地盤は防空壕が崩れず、しっかり残っているほどのとても強固な地盤でした。
こうした地盤では補強計画もやりやすいと思います。

地盤の良し悪しで工事の計画が大きく左右されたりするので、
地盤の弱い地域での建築工事は本体工事以外の予算をしっかり考えておかないといけません。

大地震の発生がいつ来てもおかしくない関東地域ですから、
建物を強固に造るのはもちろんですが、
その建物を支える地盤をしっかりと補強することがとてもたいせつです。

地盤補強は目に見えなくなってしまうので、
費用を抑えたいという衝動に駆られたりする人もいるようですが、
軟弱地盤地域では、決してないがしろにできない基本中の基本なのです。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
みなさんに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP