快適住まいづくりで元気になる | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 家づくり > 快適住まいづくりで元気になる

快適住まいづくりで元気になる

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
創業78年、足立区で木造注文住宅専門の
村松工務店 代表の村松実です。

「健康で長生き」は快適な住まいづくりから

836a07f8f0ef91e1d6fe9b5fb5af4b21

誰しも健康で元気に暮らし、長生きしたいと考えていると思います。
家は家族を暑さ、寒さなどの厳しさから守れなければいけません。
外の環境は厳しくても家に戻れば元気になれる。
そのためには快適住まいづくりが欠かせません。

快適住まいをつくるには温熱環境を整えることが一番重要だと思います。
それには家全体を暑さ寒さの影響を極力受けないつくりにすることです。

つまり、快適住まいづくりには断熱性能と気密性能を
高めることが必須条件です。

これからの日本の新築住宅は全てこの断熱性能と気密性能を
一定基準以上をクリアしなければいけなくなります。
日本の住まいは快適住まいに向かっていきます。

大手主導ではなく、私たち地場工務店が本当の快適住まいづくりを
推進していかなければいけないと思っています。

それが大金をかけて憧れの家をやっとの思いで手に入れる
ご家族のためであると考えています。

快適住まいづくりはご家族の身体的、精神的苦痛を和らげることができます。
断熱性と気密性を高めることで、家全体を均一温度に保つことが可能になるので、
どの部屋に行っても室温は変わらなくなります。

リビングから廊下を通ってトイレに行っても平気です。
入浴するときに裸になってもへっちゃらです。

また、家中の温度が変わらないということは家を広く使えることにつながります。
部屋中を動き回るのも苦ではなくなり、家の中の移動距離が増え、
高齢者にとっては良い運動にもなるのではと思ったりもします。

また、湿度管理も比較的容易になります。
火を燃焼させる器具を極力使わないということが前提になりますが、
断熱・気密施工がしっかりできていて、
計画的に換気ができるように工夫できていれば
湿気対策はできます。

冬の過乾燥は夏の多湿に比べて容易に対策できます。
湿度については冬よりも夏の方が手ごわいので、
夏を基準に考えることがたいせつになります。

また、温熱環境も夏を基準に考えることが必要です。
夏過ごしやすければ、一年中過ごしやすい快適住まいになります。

昔の家も夏を旨とする家づくりがなされ、
夏をいかに涼しく過ごすかということで、
風通しの良さや日陰をつくる工夫がされていましたが、
冬はとても寒い家づくりでした。

現代の家づくりでは夏冬通して快適な住まいとなるように
つくられなければいけないのです。
そして、快適な住まいづくりは室内のつくり方だけでなく
外部環境のつくり方もたいせつになります。

軒の出を調整して、夏と冬の太陽高度の違いを理解して
太陽光の部屋への入り方を工夫することができます。

また、南側に落葉樹を植えたり、外壁にグリーンカーテンを
施したりすることも有効です。
あるいは簾(すだれ)や葦簀(よしず)を窓外に取り付けて
夏の暑い日差しを遮ることはすぐにでもできる対策ですね。

日差しを遮る場合、窓の外でやらないと意味がないので
気を付けてほしいところです。

さらに、庭があれば土の部分を多くすることも効果があります。
家の周りにコンクリートなどを施工する場合は、
できるだけコンクリートの照り返しが無いように
窓に面する部分だけは土にしたりすることもできます。

過ごしやすい季節には窓を開放して
どんどん風通りを良くして快適に住み、
厳しい季節には外に閉じた暮らしをしながら快適に住まうことができる。

元気に動き、健康で長生きできる、
そんな快適住まいづくりをお手伝いしたい
と考えています。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP