家の仕上げ選びは自由な方がいいですか? | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 快適な暮らし > 家の仕上げ選びは自由な方がいいですか?

家の仕上げ選びは自由な方がいいですか?

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
創業80年、足立区で木造注文住宅専門の
村松工務店 代表の村松実です。

仕様を自由に選びたいですか?

IMGP1795

新築・建て替えによる家づくりや
リフォーム・リノベーションによる住まいづくり・空間づくりは
とても楽しい、ワクワクする人生のイベントです。
家族みんなの想いや希望がたくさん浮かんでくることでしょう。

自分たちの思い描く暮らしを実現するために
こんな家づくりがしたい。

今までの生活や暮らしの不便・不満・不安を
とにかく無くしたくてリフォーム・リノベーション
を決意した。
思いは様々だと思います。

その夢の空間をつくるために、
家の屋根、外壁をどんなふうにしようか、
あるいは、自分たちの部屋やみんなが集まる部屋を
どんなふうに仕上げようか、と考えを巡らすと思います。

この作業はけっこう時間がかかります。
これをとても楽しいと思うか、
面倒くさいと思うかは人それぞれでしょう。

家づくりや住まいづくりの打合せが
始まったばかりのころは

ワクワクとした期待感が高まっているので、
なんでも自分たちで選ぼう、決めるんだという
意気込みをもって臨むと思います。

でも、この仕様を決める作業はけっこうたいへんです。
屋根、外壁に始まり部屋の床、壁、天井に使える種類は
色柄・素材を含めたくさんあります。

工事の依頼先によっては、
「うちはなんでも扱うことができます。
たくさんのカタログや色見本も
取り揃えていますし、

他の物もすぐにご用意できます。」
と、お客様のご希望に全て応えることができると
言っているところもあります。

実際にはお客様はどう感じられるでしょうか。
仕様の打合せの最初のうちはいろんなものを見て決めたい、
と強く感じるかもしれません。

しかしそのうち、色柄や素材などあまりの多さに、
見比べることや考えることが面倒くさくなり、
挙句の果てにどうでもよくなってしまって、
依頼先の担当者に決めてくださいと
委ねてしまうことがよくあります。

3db818c6f5263bd7daf384fa341a8f45

これはお客様が悪いわけではありません。
請け負った会社は、
なんでも選べることがお客様の満足につながる
と考えていたりしますので、
お客様にじっくりと選んでいただくことが
必要だと考えているわけです。

一方で、外部・内部とも仕様を会社が吟味、
限定していて、
その中からお客様に
選んでいただくところもあります。

あるいは、専属のインテリアコーディネーターがいて、
お客さまのご希望に合った仕様を
厳選して提案してくれるところもあるでしょう。

あなたは会社が限定してしまうと
自由な選択が制限されてつまらなさや不満を感じますか?

私は請け負う会社の家づくり・住まいづくりの
ポリシーをたいせつにした素材や色柄を、
トータルに、永く住まうことを前提に
厳選していることはとても素晴らしいことだと
思っています。

その会社が実現できる家や住まいの空間に
相応しいと感じ、考えている仕様です。

お客さまもそうした会社の考え方や理念に共感して
工事を依頼されるはずですから、
たとえ選択肢が少なくても、
納得のいく家づくり・住まいづくりにつながるのではないかと思います。

たくさんの仕様の中から選べることは楽しいことかもしれません。
会社の中にはお客様に言われるがままにカタログ類を用意して、
選んだ物は全てお客様の責任だというふうに
接しているところもたまにあります。

気持ちがワクワクしているときは何でも自分で決めたい、
自分の思い通りにしたいと考えると思いますが、

その家づくり・住まいづくりを気に入って選んだ依頼先であれば、
信頼して話を進めていくことが
悔いのない家づくり・住まいづくりにつながるのではないでしょうか。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。まずは、基本的なことから学びたいという方は、ご活用ください。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP