地震時に家と家族の安心安全のためにできること | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > メンテナンス > 地震に備えて、家と家族の安心安全のためにできること

地震に備えて、家と家族の安心安全のためにできること

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

日本は地震国

日本は地震国です。どこにいても大きな地震にあう恐れがあります。
大きな家具が倒れてくることや家具の扉が開いて中の物が飛び出すことでケガを
することも予想しておきましょう。
だから、天井と家具を固定する「家具転倒防止伸縮棒」や
「引き戸ストッパー」「開き戸ストッパー」はつけておきましょう。

家具転倒防止

家全体を耐震補強しておけば、もっと安心です。
家の耐震補強は、土台、柱、屋根など家の骨組みを総合的にチェックしてから考えます。

地震国に住む宿命

日本は世界有数の地震国です。日本に住む以上いつ地震が起きてもおかしくないと思って、防災を心掛けておく必要があります。
地震が起きた時に、被害を最小限にするための対策について考えてみましょう。

家具の転倒による被害防止

室内で地震にあったとき、怖いのは大型家具の転倒です。
できるだけ、家具は固定するようにしましょう。L字の金具や、チェーンなどで壁にしっかりと固定できればいいのですが、賃貸物件だったり壁の材質によって不可能な場合もあります。その場合には、天井突っ張り式の伸縮する家具固定具を使うといいでしょう。吹き抜けなど突っ張り式も使えないような場合には、家具の下に転倒防止パッドを敷くと多少は安心できますが、そうした場所には大型の家具を置かないという選択も大切です。また、住まいを建てる際に作り付けの家具にしておくのもいいでしすね。

中身の飛び出しによる被害防止

家具をしっかり固定していても、飛び出してきた中身によってケガをすることがあります。開き戸・引き戸の家具には、扉にストッパーを付けておきましょう。
特に危険なのは、食器棚です。前面がガラス張りになっていると、地震の揺れによって食器がガラスを破って飛び出し、割れたガラスとともに恐ろしい凶器になります。食器棚には、扉のストッパーだけでなくガラスの飛散防止シートを張ることも忘れないでください。

私事ですが、東日本大震災の地震発生時に家にいた娘が、倒れてきた食器棚に危うくつぶされそうになりました。幸いにもダイニングテーブルが倒れた食器棚を支えてくれたおかげで、娘の体に直接あたることは防げました。
でも、食器棚の扉のガラス破片が飛び散り、それが娘に降りかかりました。今でも地震が起きるとその時のことが瞬時に思い浮かぶようで、小さな揺れでも怖がるようになり、トラウマになってしまいました。

我が家でも家具転倒防止の固定具を取り付けておけば良かったと、今でも後悔しています。

家屋倒壊による被害防止

家族の生命や財産を最もおびやかすのは、やはり家屋の倒壊です。これは、耐震補強工事によって防ぐことが最善策です。
一口に耐震補強といっても、屋根材を変えて軽くしたり、傷んでいる土台や柱を交換したり、耐震金物で補強したりと、手法は様々です。どんな補強工事が適しているのかは、家屋を点検して傷み具合や強度の足りないところをチェックしてから計画を立てます。
この時重要なのは、家全体を総合的に見て耐震補強を考えることです。単純に、柱や梁をガチガチにただ固めるだけでは地震に強い家にはなりません。地震の力に対してうまく抵抗できるように強度と同時に重量とのバランスを計算し耐震補強工事を行ってこそ、本当に地震に強い家に生まれ変わります。

ただし、耐震補強は完全ではありません。あくまでも地震発生時に家族が家から逃げ出すまで倒壊せずに持ちこたえていられるための補強です。倒壊しないということではありません。熊本地震でも1回目の地震では倒壊しなかった家も、次に来た大きな余震で倒壊してしまったということが起きています。

大きな地震が発生したらとにかく逃げることだけを考えて行動してほしいです。
家族の命がなによりですから。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
みなさんに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP