家もカラダもメンテナンス|健康に暮らすなら | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > メンテナンス > 家もカラダもメンテナンス

家もカラダもメンテナンス

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

家をいつまでも快適に保つにはどうしたらいいでしょう。
当たり前ですが、メンテナンスを怠らないということですね。特に外周りのメンテナンスは家を長持ちさせるためにはとても大切です。

屋根や外壁が痛んできたらすぐに対処する。自分でできなければ建てた工務店に頼む。外壁は外から見ればそろそろお手入れの時期かなというのがなんとなくわかると思います。見てわからなくても手で触れば、汚れが付いたりするので判断できます。屋根のお手入れ時期はなかなか判断しづらいかもしれません。雨が漏ってきて初めてその時期に気づくという場合も少なくありません。でも、屋根は外的環境の影響をまともに受けるところですから、一番傷みが早いと思っていただいて間違いありません。

近所を歩き回っている外装リフォーム業者の営業マンに突然指摘されて気になりだした、ということもあるかもしれません。そうした営業マンの中には不安を煽り立てて仕事にしてしまおうという人もいるので注意が必要です。

家のメンテナンスも工夫しだい

家を長く快適に、健康的な状態で保つにはメンテナンスは避けて通れませんが、家のつくりかたや仕上げ素材を吟味するなどの工夫で、メンテナンス費用を抑えることができます。永久にメンテナンスフリーということは無理ですが、メンテナンスの周期を長くすることは可能です。

カラダの健康維持

カラダも同じように、長く健康を維持するためには定期的なメンテナンスと日々の心掛けがたいせつですね。カラダのメンテナンス時期は異常がおしえてくれたりしますが、それでは遅いなんてこともあります。あなたのカラダはあなたが取り入れたものでできているのですから、日々の食事に気を遣うことはとても有効だと思います。

そして、人間も動物なのでカラダを動かすことがたいせつです。運動というと激しい運動、スポーツを想像する方もいるかもしれませんが(今ではジムが人気ですね)、必ずしもそうではありません。

運動の仕方で効果が違う

同じ動作を繰り返すような動きはパフォーマンス向上にはつながりますが、カラダを健康に保つうえではそれほど効果がないという報告もあります。激しくなくても普段しないような動きを考えながらすることで脳が活性化し、脳から筋肉や神経への指令伝達ラインが形成され、考えた通りに動くことができるようになります。その結果、カラダを思うように動かすことができ、スムーズに動けるようになり、ちょっとしたことで転んだり、動きがぎこちなくなるということを防げます。

高齢の方や体力に不安がある女性などには、激しい運動をしなくてもジムに通わなくても適正に体力を維持できることになり、朗報ではないでしょうか。

嗜好や習慣を変えるというのはなかなか難しいものですが、せっかくの健康に配慮した家で長く元気に暮らすには、兎にも角にも、家もカラダもメンテナンスが欠かせないですし、その情報、知識が役立つと思います。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP