小さく家を建てるなら | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > その他 > 小さく家を建てるなら

小さく家を建てるなら

Written by:

おかげさまで3代目。
足立区で木造注文住宅専門の
村松工務店 代表の村松実です。

小さく家を建てる  小さい家を建てる

同じようだけど少し違う家づくり。

敷地に余裕を持たせて敢えて小さく家を建てるか、
規制や制限があって小さい家にせざるを得ないかの違いです。

敢えて小さく家を建てるなら、
少なからずメリットのある建て方にしたいですね。

小さく家を建てるなら

小さく家を建てるとは、
床面積を小さくして、
さらに家全体の高さを低くおさえることです。

こうすることで、屋根や内外壁、床面積を小さくできるので、
工事費用が少なくなります。

外装面積が少なくなると、
後々の家のメンテナンス工事の時に、
作業用の足場を組んだり、改修する面積を少なくできるので
改修費用を抑えることができます。

また、床面積が小さくなる代わりに
周辺の空き地が多くなるので、
屋根の軒を深くすることができます。

深い軒を持った家はとてもバランスが良く、
家のプロポーションが素敵に見えるのは
メリットと言えるでしょう。

軒が深いと外壁の保護にもなるので、
外壁面の劣化の進み具合を遅らせることができます。

さらに、隣りの家から離れることができるのも
プライバシーの確保に有効です。

敢えて家を小さく建てると、
敷地に余裕が出るので、
道路から玄関までのアプローチ部分を
演出することも可能ですね。

たとえば、四角い土地に境界線に
平行に家を建てるのではなく斜めに家を建てると、

各方角に三角の空き地ができ、
それぞれ趣の異なった庭にすることもできます。

また、隣の家に相対しないので、
視線を隣家からずらすことができ、
外に開きながらもプライバシーを守ることに有効です。

どの家々も道路に平行に建っているのに、
1軒だけ斜めに建っているというのも、

遊び心があり、楽しそうな感じがするのは
私だけでしょうか?

室内空間でのメリットは、家の高さを低くおさえるため、
1階と2階の高さの差が小さくなるので階段の段数を少なくできます。
階段に取られるスペースそのものも少なくできます。

また、部屋の天井の高さを低くすることで壁面積が減り、
内装仕上げ面積を小さくできるので工事費に良い影響を与えます。

一般的な住宅では天井の高さは2.4mないといけない、
というように考える場合が多いと思いますが、
これには根拠はありません。

小さく家を建てている実例には、
天井の高さを2.2mに
している場合もあります。

実際に見学に行ったことがありますが、
けっして低さを感じませんでした。

もちろん低さを感じさせない工夫がなされていた訳ですけど、
天井の高さは何が何でも2.4m取れないとダメだ
ということはないと思うんです。

業界の常識や思い込みはある意味視野を狭くしがちです。

いろいろと工夫された空間で心地よさを感じられるのであれば、
天井の高さを抑えた室内空間により、省エネ効果も期待できます。

床面積が小さく、
天井の高さが抑えられているということは
室内の体積が小さいということです。

小さい分、エアコンや換気の能力が小さく済みます。
スイッチオン後設定温度になりやすいわけです。

また、室内の限られた空間には無駄なスペースを造る余裕がありません。

だから、廊下やホールのように
ただ人が通過するためだけのスペースは極力つくらず、
部屋同士がつながる間取りを考えるようになります。

家族が顔を合わす機会が増え、
家族の気配を感じ、
会話が生まれ、
笑顔の家族につながるのではと思います。

家をわざわざ小さく建ててはもったいないと考えず、
敢えて小さく家を建てることで、

余裕の出た敷地を素敵な外部空間にしたり、
バランスの良いプロポーションの外観にしたり、
建築工事費や改修費を抑えられたり、
暮らしで省エネを実現できるというメリットにも
少し目を向けてみてはいかがですか。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP