失敗しない家づくり | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > その他 > 失敗しない家づくり

失敗しない家づくり

Written by:

おかげさまで3代目。
足立区で木造注文住宅専門の村松工務店

主婦動線を考えたら足立区№1
スタッフの村松栄子です。

毎日、暑いですね。洗濯物がすぐに乾くので助かります!
と言う主婦の皆さんの声がここまで届きそうです(笑)

失敗しない家づくり

少し前の梅雨の時期には、洗濯物が乾かなくて困ります。
と言って嘆いていた私ですが、
家事をしていると、時々に感じるストレスがあるのです。

毎日、家事をしていて困ること、ストレスに感じることは何ですか?
ストレスを感じない、暮らしやすい家づくりをしたいですね。

同じ家で暮らしているのに、
季節によっても感じることが違います。

一年中快適な暮らしのある
失敗しない家づくりはどうしたらいいのかな。

家づくりでは、これからの暮らしをイメージして
家族でしっかりと話し合うことが大切です。

家族の成長と共に暮らし方を考えて、間取りや素材を決めますが、
毎日の暮らしと、これから10年20年を考えて、

更には世代を交代しても暮らし続けていくことができる
家づくりが出来たら最高ですね。

間取りや設備、収納・・・。

家族が集まるリビングは広く開放的にしたい!
子どもの気配を感じることができるリビング階段にしたい!

アイランドキッチンにしたい!
ウォークインクローゼットを広く、衣類の収納を充実させたい!

どれも、ワクワクの家づくりですね。
ところが、生活がはじまり不便に感じて失敗となるのです。

リビングを広く開放的にしたけれど、冬は暖房の熱が上に逃げて寒い。
リビング階段にしたけれど、子どもの友達が遊びに来るので
いつもキレイにしていなくてはいけなくなった。

アイランドキッチンの収納量が
イメージと違っていて収納できない物がある。

ウォークインクローゼットのポールの位置が良くない、
奥行が浅くて布団が入らない。

家づくりをする家族の数と
同じ数の家づくりがありますが、

家づくりで気を付けることは同じです。

開放的なリビングの冬が寒くないようにする方法はあります。
どんどん気になることを質問しましょう。

リビングが散らかりづらい収納や動線は家族構成や年齢でも変わります。
生活動線を振り返り必要な物の収納場所はどこにするか、
掃除がしやすいコンセントの位置はどこなのか考えましょう。

キッチンに収納したい物のリストアップやサイズを測り、
毎日使うものと季節によって使う物など、収納場所と量を確認しましょう。

ウォークインクローゼットには誰のどんな物を収納するのか。
各部屋に設けることが少ないウォークインクローゼットですから、
家族の寝具の収納場所やこれまで使っていた家具のことも考え
内部の細かい部分も考えましょう。

家づくりでは、こんな細かなことまでも
大切にすると失敗しないのではないのかなと思います。

家族の誰のイメージで家づくりをしたらいいのか困りますが、
誰のではなく、家族の一致したイメージを大切に、
家族の優先することは何か知りましょう。

家づくりでの失敗はしたくない!
でも、初めての家づくりです。

どんなことに気を付けたらいいのか、
家づくりでは考えることがたくさんあるけれど、
大切な家づくりですから時間をかけて
丁寧に家づくりをしましょうね。

失敗しない家づくりは、
家族のライフスタイルに合う素材、家族の生活動線を考える、
家族の健康をあずかる主婦の家事動線を大切にしてください。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP