幸せな家づくりに必要なこと | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > その他 > 幸せな家づくりに必要なこと

幸せな家づくりに必要なこと

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
足立区で木造注文住宅専門の
村松工務店 代表の村松実です。

家づくりをして幸せになる人、幸せを感じない人

この差はどこから来るのでしょうか。

誰でも幸せになるために、
家族が笑顔になるために家づくりをしているはずです。
なのに、幸せになれない。

一番大きな原因は家づくりのための資金計画にある
と思っています。

幸せな家づくりに必要なこと

家づくりには、家本体を建てる費用のほかに、
地鎮祭や上棟式の費用、
その家を取得するための建築確認申請費用や納税費用などの諸費用、
そして、外構工事費用やエアコン、カーテンや家具などを揃える
暮らしアップ費用など諸々の費用がかかります。

この家本体をつくる費用以外の諸費用をつい忘れがちになります。

これらの費用は必ず必要になるので、
家づくりを計画した時点で大枠を把握していないとならないわけです。

また、家づくりが完了し、
いよいよ暮らしはじめてからの生活費用も
しっかりと確保しなければなりません。

そうしないとせっかくの幸せな家づくりが
台無しになってしまいます。

家づくりの予算立てには、
自己資金、親などからの援助金、
そして銀行などからのローンを充てる場合がほとんどだと思います。

この合算予算が全て家づくりの予算だと考えてはいけませんね。

幸せな家が完成した後の生活費が必要になります。
ローンの返済もあります。

ローンの金額によっては、
35年返済など長期にわたって
返済していかなければならなくなります。

家づくりに充当可能な予算は、
これまでの生活レベルを極端に変えずに済むほうが
ストレスがない訳です。

たとえば、たばこの本数を減らすとか
アフター5の付き合いを控えることなどは
必要になるかもしれません。

これは大きく生活習慣、レベルを
変えることにはならないでしょう。

でも、無理をして家づくりに予算を使ってしまうと、
家族との団らんや家でくつろぐための
幸せな家づくりだったはずが、

返済するために働くようになってしまい、
当初の思いとかけ離れた生活になってしまいかねません。

しっかりと新しい家での幸せな暮らしのための資金を
確保しておくべきです。

また、土地を新しく購入して家づくりをする場合にも注意が必要です。

土地を探していると、
なかなか希望に合うものに巡り合わない場合があります。

そんなとき、たまたま不動産屋さんからご希望の物件が見つかりました、
と勧められ購入してしまうケースがあります。

あらかじめ計画した家づくり予算ですが、
まず初めに土地ありきということで先に土地を購入してしまうと、
家づくりは土地代を差し引いて残った予算で行うことになります。

この場合、もともと想い描いていた家づくりの実現が
難しくなる場合があります。

これでは本末転倒ということになりはしないでしょうか。

幸せな家づくりのためには、
まず理想の家をつくるための予算を確保し、
総額の予算からその家づくり予算を引いた残りの予算で
入手可能な土地を探すことが大事だと思います。

交通の便や環境など様々な立地条件を
求めたい気持ちはわかりますが、

幸せな家づくりは幸せな家族づくりであるはずです。

帰りたくなる家がある、
ホッとする家がある、
愛する家族の笑い声が聞こえる家がある、

そんな幸せな家があれば、
多少交通の便が悪くても納得できるのではないでしょうか。

幸せな家づくり予算の資金配分がたいへん重要な理由です。

これを一番最初に決めることが幸せな家づくりの
スタートになると思います。

その次に、どんな家にしていきたいかを家族みんなで煮詰めていきます。

暮らしやすい家、住みやすい家、快適な家、あるいは省エネな家など、
それぞれ優先したいことがあると思います。

豪華なキッチンにしたい、
広いお風呂に入りたい、
など機能面を重視したいと考えるかもしれません。

そんな幸せな家づくりを楽しく進めていくためにも、
資金計画をたいせつにしていきましょう。


村松工務店は、自然素材を多用した

笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP