家の設計の依頼先は? | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > その他 > 家の設計の依頼先は?

家の設計の依頼先は?

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
足立区で木造注文住宅専門の
村松工務店 代表の村松実です。

どんな家にしようか、どんな家にしたいか

家を新築するときは家族のさまざまな思いを
形にするために設計が必要になります。

家の大きさや形、部屋の大きさ、部屋数、
部屋どうしのつながり、外観、内装仕上げ、
設備機器、そして快適性、省エネ性など
いろんな要素を組み合わせなければなりません。

家の設計の依頼先は?

しかも、その家は
使いやすく、住みやすく、暮らしやすくなければいけない

家をこうしたいという思いは家族の人数分だけあります。

その思いはすべて一致するということはなかなかありません。
お父さんの思い、お母さんの理想、子供たちのイメージ、
すべて違います。

中には共通の思い、考えもあると思いますが、
みんなの思い、考えをまとめていくのは容易なことではありません。

家づくりを考え始めると、
いろんな家に関する情報に突然気が付き始めます。
まるで初めてその情報が表れたかのように感じます。

実際には情報はいつでも大量に流れています。
家づくりということにアンテナを張った途端、
それに関係する情報だけに反応するようになっただけです。

世の中にはとってもたくさんの情報が氾濫しています。
その情報の多さに家づくりの要望も混乱してきます。

何も知らない状態で家づくりをするより、
さまざまな情報を知ったうえで、
その中から自分たちの家づくりに役立つものを取捨選択して、
より良い家づくりをしていきたいと思うのは
当然のことですね。

たいへんなのはその情報を、
家族みんなの思いをどう組み合わせていくか
ということで、家の設計が必要になります。

家の設計は少し心得のある方ですと
できてしまう場合もありますが、

やはり専門家にお願いしたほうが時間的にも仕上がり的にも安心でしょう。

その依頼先のひとつとして建築家がいます。
彼らの設計した家はいろんなメディアに
取り上げられることがあるので、

魅力を感じる設計であれば、
設計料は高額になる場合がありますが
相談してみてもいいかもしれません。

ただ、彼らの設計する家は本人たちが
作品と呼ぶくらいに自分のイメージをたいせつにしますから、

住みやすさ、暮らしやすさよりは
見た目などが優先される場合がわりと多く、
建築家に惚れ込んですべてお願いするつもりでないと
難しいかもしれません。

でも、オリジナリティあふれる
個性的な家になるのは間違いないと思います。

一方で、自分の設計力・デザイン力は大事にするけれど、
家づくりを考えている家族の話を上手にヒアリングして
生かしてくれる設計デザイナーもいます。

より家族の生活面を考えてくれるでしょう。

でも、他の設計デザイナーの評価も気になったりするので、
それなりに設計デザイナーのこだわった家づくりに
なる場合が多いです。

ハウスメーカーに設計を依頼する場合は
似たような家がそこここで見かけるということを
覚悟しないといけません。

私たちは
ハウスメーカーの家を見て、形も大きさも違うけれど
どこが施工したかはすぐわかります。

ハウスメーカーは家を大量生産するので、
部材や素材を統一していますし、
家のつくり方も同じなので当然ですね。

さて、地場工務店による家の設計はどうでしょうか。

地場工務店も一定の家づくりの趣向はあるかもしれませんが、
基本的にご家族の話をじっくり聞き、予算も考慮し、
無理のない範囲でご要望を取り入れた家の設計を心がけます。

地場工務店は、
ご家族とのお付き合いは住み始めてから、
暮らし始めてからのほうが長い

ということを身に染みてわかっているので、
住みやすさ、暮らしやすさをとてもたいせつにします。

地場工務店の設計はダサいと言われることもありますが、
デザインや質感などを勉強している工務店もたくさんありますし、
設計デザイナーを交え3者で協力していくこともできます。

その場合でも、ご家族と設計士との間でしっかり内容を把握し、
無理のない設計になるように調整していきます。

あくまでも、
永く住まうご家族の家をつくり、守っていくという思い
で家の設計に、家づくりに携わっています。

家の設計をどこに依頼するかはそれぞれ一長一短ありますが、
「永く住む」ということを大前提に決めていただくと
後悔しないのではないでしょうか。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP