新築の家を建てる喜び | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > その他 > 新築の家を建てる喜び

新築の家を建てる喜び

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
足立区で木造注文住宅専門の村松工務店

主婦動線を考えたら足立区№1
スタッフの村松栄子です。

いよいよ、新築工事が始まります。

新築の家を建てる喜び

家を建てるとき、その土地に住む神様を祝い鎮め、
土地を利用させてもらう許可を得ることと
工事の安全と家の繁栄を祈願するために地鎮祭をします。

これから、何十年も住み続ける我が家を建てる
お客さまの笑顔を見ると胸がいっぱいになります。

足立区で新築工事をされた若いご夫婦の上棟式では
ご両親やご夫婦の友人が集まって、盛大に行われました。

家を支える基礎工事をする親方と鳶(とび)職人さんと
建て方(骨組み工事)をする棟梁と大工さん。

私も上棟の時に屋根裏に建てる幣串(へいぐし)に
筆で日付などを書かせていただきました。

赤い布を結んだ五円玉のおひねりとお餅をまきながら
「ずっと、これがしたかったんです!」
と、ご主人が言ったその一言が忘れられません。

鳶の親方は上棟のお祝いに木遣りを謳いあげました。
まさに、一生においての大イベントですね。

新築の家を建てるときに、
地鎮祭や上棟式を略式ですることが多くなりました。

必ずやらなくてはいけない、というわけではありませんが、
新築の家を建てる夢のひとつに、こんな上棟式をしたい!

という夢を持っていたお客さまでしたので、笑顔を見ていたら、
新築の家を建てる喜びを、一緒に感じてとても嬉しかったです。

あの日のご主人の笑顔を忘れずに
赤い布が結ばれた五円玉を今でも大事に持っています。

新築の家を建てるということに、
家族の思いや希望がいっぱいあります。

当社は、小さな工務店ですが
私は、家づくりをされる方に

どんな暮らしをしたのか?
家族の動線や間取りはどうしたいのか?
主婦の目線でお話を伺っています。

新築の家に掛ける費用は、とても高額です。
一生に何度も建てることのない新築の家ですから
丁寧に大切に家づくりをしています。

新築の家を建てるときや
建て替えや大規模なリフォームをされるときに

ハウスメーカーにするか?工務店に頼むか?悩むと思いますが、
基準をどこにするかによっても、さまざまです。

この人なら!と信頼できる人に出会えたならば
家族の毎日は笑顔の暮らしになると思います。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP