自然素材で家をつくる | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > その他 > 自然素材で家をつくる

自然素材で家をつくる

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
足立区で木造注文住宅専門の
村松工務店 代表の村松実です。

家をつくるときは素材に目を向けますか

部屋をどのように配置しようかと考えを巡らすでしょうか。
どちらも大切なことですね。

家族揃っての家づくり計画では、
今までの不満や不便を改善できることが
とても重要だと思います。

その家づくりの中でどんな素材で家をつくるか、
部屋を仕上げるかということは、
永く住まう、あるいは住み継いでいくうえで
とても大きな要素となります。

自然素材で家をつくる

同じ部屋でも床、壁、天井の仕上げの材料の違いで
からだが感じる感覚はまったく違ってきます。

今の家づくりは、
床はベニヤ板に化粧のシートを張った木質化粧フロアー、
壁と天井はビニールクロスで仕上げられた家が圧倒的に多いですね。

この内装仕上げが今の家のスタンダードなのかもしれません。

どこのお宅に行っても同じように仕上がっている部屋では
なんの違和感もなく、また安心できるかもしれません。

一方、化粧フロアーやビニールクロスのような建材に囲まれるのではなく、
自然素材で内装を仕上げたいという方も増えています。

床は無垢の木を使い、壁や天井は珪藻土、布クロス
あるいは無垢の木などで仕上げます。

自然素材は工場生産される素材と比べて香りがあり、
調湿効果が高く、感触が柔らかいという
自然本来の良さがあります。

よく自然素材は扱いがたいへんだと言われます。
たとえば、無垢の木の床板は傷が付きやすく手入れが大変だなど。

確かに傷はつき易いかもしれません。
傷のつきにくい硬い材質の無垢の木はありますが、
それでも化粧フロアーに比べたら弱いかもしれません。

私はお手入れの手間は保護とか汚れ防止のためと考えると
許容範囲内の面倒さかなと思います。

簡単に手入れと保護が同時にできるワックスなどもあります。

単に自然素材がいいらしいというだけで使った方は
戸惑っていることもあるかもしれません。

それでも自然素材で失敗したとは思っていない
のではないかと勝手に思っています。

自然素材そのものより自然素材を取り付ける職人の
手間がたいへんなんだと言っている人がいるのだと思います。

手間がかかり、面倒なので自然素材を扱いたくない
という業者が自然素材を提案することを
敬遠しているのではないかとも思います。

あるいは、そもそも自然素材の工事が
できないのかもしれません。

また、自然素材は大量生産ができませんから、
大量の住宅を供給するハウスメーカーでは対応が難しいのです。

仮に自然素材を使った家づくりをしてほしいと伝えたら、
標準外になるので多額のオプション費用が発生します。

また、自然素材を扱える職人さんがいないのも
費用を押し上げる要素になってしまいます。

自然素材の家づくりに関する情報は
いろんなメディアから集められるでしょうし、
実際に自然素材の家づくりをした方から
話を聞く機会もあるでしょう。

私どものお客様は、
確かに手入れは今までのフロアーに比べたら少し手間がかかるけど、
感触や木の香りの良さは捨てられない
と話しています。

自然素材の家づくりをしない、
あるいは得意でない業者はたくさんあります。

そうした業者に相談すると、
自然素材の家のたいへんさや価格の違いなどを理由に、
今の家づくりの標準の化粧フロアーとビニールクロスの
家づくりを進めるかもしれません。

昔は自然素材の家が普通でした。

今は工業製品の家づくりが主流です。
どちらの家づくりにしたいかは、
ご家族の考え方なので一概には言えません。

自然素材の家に住んでいる方もまだまだ少ないので、
自然素材の家が醸し出す環境を感じる
機会がなかなかないかもしれません。

そんな中でも、自然素材の家づくりをしたいと
ご家族が選ぶのであれば、

自然素材の家づくりが得意な、大好きな工務店を
ぜひ、訪ねてみてください。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP