工務店の仕事って何ですか? | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > その他 > 工務店の仕事って何ですか?

工務店の仕事って何ですか?

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
足立区で木造注文住宅専門の
村松工務店 代表の村松実です。

あなたの街に工務店があることは知っていますか

気づいていますか。
あるいは、工務店があるのはわかっているけど
何をするところなのか理解していますか。

工務店と名乗る、あるいは〇〇工務店と看板を出していることは
わかっているかもしれません。

でも、何をしてくれるところなの?
そう思っていませんか。

もしかしたら、家の修理や補修など
ちょっとした不具合を直したりする
営繕仕事だけをするのが工務店だと思っていませんか。

家づくりをするのはハウスメーカーだと思っていませんか。

工務店の仕事って何ですか?

私たち工務店は
お客様の家づくりを最初から最後までサポートし、

アドバイザーとして理想の家づくりを無理の無いように
実現するためのお手伝いをしています。

お客様が実現したい家に必要なものは何か、
どんな工夫をしてつくりあげていくか、
そしてもっとも大切な予算をどう配分していくかなど、
様々な要素をまとめ、

暮らし始めてからも無理をしないで暮らせる家づくりを支えるプロとして、
実際に家を建てることのできるプロの技術集団をまとめているのが、
私たちのような工務店です。

家づくりの工事が始まれば、滞りなくつくりあげるために
いろんな職種の職人さんたちをまとめあげていきます。

昔は棟梁と言って
大工さんの親方が全ての職人さんたちをまとめ上げていました。
今でも棟梁として活躍している大工さんもいます。

その棟梁の役目がわたしたち工務店の仕事の一部です。

過去にはとても気難しい職人さんが大勢いました。
腕には自信があり、プライドが高く、
人はいいんだけど上手に話すことができない職人さんが多かったのです。

昔はそれでも良かったのでしょうが、
今は腕がいいのは当たり前。

お客様の大切な家づくりに携われてありがたいという
感謝の気持ちで家づくりをするのがたいせつなのです。

私たちはそんな心意気の職人さんたちと
一緒にお客様の笑顔の家づくりをしています。

その頼もしい職人さんたちを私たちがまとめていきます。

同じ工務店でも、大工さんひとりのところもあれば、
水道工事の業者さんでも工務店と言っているところもあります。

お客様からすればちょっと紛らわしいと感じると思います。

大工さんひとりの工務店は、大工仕事だけをしています。
営繕仕事も多いですね。

私たちのような工務店の仕事は、
お客様が家づくりを思い立った時から
その家がある限りずっと見守っていくことです。

お客様の家づくりの理想を
無理のないように叶えていきます。

そして、家づくりが希望通りに叶えられているかを
責任を持って確認していきます。

家が完成し、お引き渡ししたあとは
お客様の家守りが始まります。

家は建てて終わりではありません。
むしろ住み始めてからの方が永いのです。

木造の家は生きています。
木の家は暮らし始めてから様々な変化が起こり得ます。

木はいろんな環境で変化します。

時には引戸の開け閉めが固くなったなどの不具合も出るかもしれません。
揺れの大きな地震などで壁などに亀裂が生じることもあるでしょう。
エアコンの使用による室内の温度変化で
見えない下地の木が伸縮を繰り返してひずみが出ることもあります。

屋根や外壁などは太陽の陽射しや雨風の影響を
まともに受けるので劣化していきます。

こうした様々な事象に適切に対処し、
手を入れたり、補修したり、改修していくことで
家を長く維持できます。

地元で永く営業している工務店は少なくありません。

しかし、その存在を地域のみなさんに知っていただく努力が
まだまだ足りていないのかもしれません。

地元で永く営業しているからうちのことは誰だって知っているさ、
などと思っている工務店もあるかもしれません。

でも、工務店って何するところ?と思っている方が多いという認識を持ち、
工務店ができること、工務店だからこその特長をわかりやすくお伝えし、
工務店との家づくりをもっと理解していただく努力を重ねていきたいですね。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP