新築は予算を立てることが大切! | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > その他 > 新築は予算を立てることが大切!

新築は予算を立てることが大切!

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
創業78年、足立区で木造注文住宅専門の村松工務店

主婦動線を考えたら足立区№1
スタッフの村松栄子です。

新築工事はいくら掛かりますか?

新築は予算を立てることが大切!
30坪くらいの土地で、4人家族です。
と言われてもいくらです。と答えることは出来ません。

家を一軒建てる費用は高額です。
ですから、あらかじめ予算を立てることは大切ですね。

新築の費用には、本体工事以外にもかかる費用が
あることはご存知でしょうか?

新築工事が始まる前には地盤調査をします。
補強工事が必要になる場合は、
地盤改良工事費用がかかります。

外構工事(門や塀など)も別途に費用がかかります。

冷蔵庫などの家電製品は、
新居でも引き続き使うことは出来ますね。

カーテンなどはサイズが合わなくて
新調することもあるでしょう。

住宅ローンの手続きでは、
保証料や保険料、印紙税などが必要です。
建築確認申請料、建築工事請負契約書にも印紙税がかかります。

これらの費用はすべて必要ですから、
新築は予算を立てることが大切なのです。

細かい手続きもたくさんありますね。
家族の皆さんのご希望を叶えるために何度も打ち合わせをします。
新築するって、とてもエネルギーが必要ですね。

ある程度の費用は、インターネットを使って調べることも出来ると思います。
専門的な部分は、お任せする施工会社に見積もりを依頼する方がいいですよ。

それぞれの費用が把握できたら、次に新築の予算を立てる。

自己資金、住宅ローン、親からの資金援助などの
総額費用から必ず必要になる費用を引いて
本体工事にはどれくらいの予算をかけられるかを
しっかりと把握して資金計画を立てましょう。

どんな家を建てたいのか?どんな暮らしがしたいのか?
ということを本体工事費用で実現していきます。

新築にかかる予算を立てることが出来ていれば、
本体工事の予算もわかりますね。

その予算で暮らしたい家を新築するのです。
途中で夢が膨らみ、出来上がったら予算がオーバーで
追加費用がかかるといったことにならないようにしたいですね。

もちろん、多少の変更があったとしても、
見積金額との差額が予算を超えた金額でも
納得出来るのであればいいと思います。

当社では、新築や建て替え、リフォームの
ご相談をいただいたときにご予算をお聞きしています。

お客さまのご予算は、本体工事に掛けてもいい費用なのか?
また、その他の費用も含めた総額なのか?を知らずに、
ご希望の家づくりが出来ないからです。

なんだかんだと費用がかかってしまった。
資金計画がきちんとしていなかったので
予算オーバーを気にする家づくりとなり、
間取りや造りを我慢しなくてはいけなくなった。
というようなことはしたくないのです。

これだけの予算をかけて新築するのですから、
家族の希望がいっぱい詰まった
家づくりを成功させたいのです。

細かい手続きもして大変ですし、引っ越しだって結構なストレスです。
おまけに、その後の生活がすぐに始まるのですから、
主婦は休む暇もありません。片付けだってしばらくば続きます。

ようやく片付いて、さあ!新生活がスタートとなったのに、
動線が悪いとか、思っていたより使い勝手が悪い収納などが、
予算立ての影響だったら後悔しきれません。

新築をするときは、予算を立てることが大切です。
そして、本体工事にかける費用の中で
家族のみんなが納得できる希望をひとつひとつ取り入れて、
笑顔のいっぱい生まれる家づくりをしてくださいね。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP