住まいづくりで重要なこと | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > その他 > 住まいづくりで重要なこと

住まいづくりで重要なこと

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
創業78年、足立区で木造注文住宅専門の
村松工務店 代表の村松実です。

今の住まいづくりでは普通に
ビニールクロスと合板フロアーが使われています

住まいづくりで重要なこと

どのお宅に伺ってもほとんどがこの仕上がりですね。
みなさん同じ仕様ですからなんら問題はない感じでしょうか。

お客様からの要望がない限り、
住まいづくりに普通に
ビニールクロスと合板フロアーを使う
業者さんは多いです。

限られた予算の中で住まいをつくらなければならない。
自分たちの希望をできるだけ叶えたい。

その希望は住まいづくりで
イメージできる床や壁の色など目に見える部分であったり、
キッチンやお風呂などの設備ではありませんか。

住み心地や暮らしやすさなど、
なかなか目に見えない部分に思いを巡らして
住まいづくりを考えることはないかもしれません。

どんな仕様の住まいでも今の暮らしよりは
良くなるに決まっていると考えるかもしれません。

でも、暮らしやすさや住み心地を意識した
住まいづくりを考えることができたら、
ご自身の感情や感覚を大事にして見つめ直してみたら
違った住まいづくりになるのではないですか。

目に見える部分は生活している間に慣れてきて
いずれ気にならなくなります。

ところが、暮らしやすさや住み心地は
生活し始めてから気になる場合が多いのです。

住まいをつくる前におしえてくれたら
もっとじっくり考えたのにということも少なくありません。

こんな暮らしがしたい、こういう環境の部屋にしたいと
はっきりした思いがあり、
それを業者さんに伝えることができたら家づくりも違うものになるでしょう。
しかし、なかなかそこまで伝えきれないのが現状だと思います。

でもその気持ちを業者さんが上手に引き出してくれたら
いろいろと伝えることができるのではないですか。

建築業者さんの中にはお客さんの予算と希望を聞いて、
希望通りの住まいをいかに予算内に収めてつくるかだけを
考えている場合があります。

住まいづくりの専門業者としての知恵や経験を生かした提案をせずに、
ただお客様の言う通りの間取り図面を書き、
予算内に収めさえすればそれで
喜んでもらえると考えていたりします。

それで満足する方もいるかもしれませんが、
住まいづくりのプロとしてはどうでしょうか。

お客様の希望はしっかりと聞くのは当たりまえですが、
目に見える部分の希望ばかりではなく、
今までの生活で感じたことやどんな暮らしがしたいか、
住み心地をどうしたいかなど、
感覚や感情の面を聞き出してあげることが
重要だと思います。

そしてその思いを叶えるための提案が
最初はお客様の住まいづくりの希望と違っていてもいいと思います。

住まいづくりのプロとしての経験と知恵を
お客様の住まいづくりに生かして差し上げることが
喜びの大きい住まいづくりにつながると思います。

大手ハウスメーカーや中堅ビルダーは
自社の特長を生かした住まいづくりが得意ですが、
その反面特長とはちがう住まいづくりは難しいのです。
その特長を実現するための部材があらかじめ決められているからです。

そして、メーカーは自社の得意な家づくりに
そぐわない希望がお客様から出てくるような聞き取りはしてきません。

ですからお客様の方がメーカーに
合わせる必要があります。

でも暮らしや住み心地を良くしたいと考えているのであれば、
お客様にそれが提案できるところに依頼するべきだと思います。

暮らしやすさ、住み心地の良さは住まいの基本的なつくり方次第です。
どんな素材で仕上げるかも重要です。

お客様が何も言わなければ、
当たり前のようにビニールクロスと合板フロアーが
使われてしまうような住まいづくりではなく、

しっかりとそれを使うメリット、デメリットを伝えて、
いつまでも暮らしやすく、住み心地の良さが続く住まいづくりを
提案していくことが重要だと思っています。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP