家を建築するためにたいせつなことは | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > その他 > 家を建築するためにたいせつなことは

家を建築するためにたいせつなことは

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
創業78年、足立区で木造注文住宅専門の
村松工務店 代表の村松実です。

家の建築で必要な考え方はなんでしょう

家を建築するためにたいせつなことは

最初に考えることはどんな家を建築したいかということでしょうか。
家族のたいせつなお城ですし夢の実現ですから、
みんなの希望を叶えた家を建築したいと考えることは
間違いなく大きなことです。

建築工事業者の中にはお客様から家の建築の相談を受けたら、
「どんな間取りにしましょうか。」
「どのくらいの部屋数が欲しいですか。」
「どんな家にしたいですか。」と
すかさず聞いてくるかもしれません。

聞かれたお客様は夢を語るのですからたいへん楽しいと思います。
想像力を駆使し、話しているうちに夢がどんどん膨らんできます。

では、
その夢を叶える家を建築するための費用は
どのくらいでしょうか。

業者さんに試算してもらったら、大きく予算をオーバーしてしまった。
あるいは、家の建築費用だけで予算いっぱいになり、
その他の費用に回すことができないということもわかったりします。
新しい家具やカーテンを揃える費用が残らないということに気付きます。

せっかく期待が大きく膨らんだ家の建築だったのに、
建築以外にかかる費用の存在に気付かず、
いえ気付かされずに話を進めたために、
予算配分を見直すことになり、
夢をどんどん削っていく作業をしていかなければならない
ことになってしまいます。
とってもがっかりしてしまいますよね。

夢は聞かれればいくらでも語れると思います。
伝えれば叶えられると思ってしまいます。

実際には限られた予算の中で家を建築するのですから、
その予算の中でどんな家を建築できるのかが
一番たいせつではないでしょうか

家づくりには実際に家を建築する費用のほかに
様々な諸費用と言われるものがあるのです。

ですから、家を建築するときに最初に取り組まなければいけないのは
家の建築費用として実際使えるのはどのくらいなのかということです。

勘違いしやすいのは、
予算を全て家の建築のためだけに使える
と考えてしまうことです。

家を建築するときにかかる費用を考えてみると、
まずは建築するための許可をもらう届出費用がかかります。
建築確認申請費というものです。

建替えであれば既存の建物の解体費用と仮住まい費用が掛かりますし、
引っ越し費用も必要です。

地盤が悪い場合は地盤を補強するための工事費が
別途でかかる場合もあります。

工事が始まれば、工事の安全を祈願して
地鎮祭を執り行う費用も発生しますし、
上棟式を行うということもあるでしょう。

工事中は、たまには現場に顔を出して
職人さんたちを労うこともあるかもしれません。

家の建築が完成したらまた引っ越ししなければなりません。
新しく買い揃える家具類や備品もあるでしょう。
こだわりのインテリアにしたいですから。
暖冷房設備も必要ですね。

さらに、直接暮らしを豊かにすることにはなりませんが、
家を取得したら登記費用が発生しますし、
税金も納めなくてはなりません。

単純に家を建築する費用以外の諸費用がたいへん多くかかることを
認識しておかなければ、しっかりとした予算立てにはならないのです。

そして、
暮らし始めてからかかる費用のことも
とってもたいせつです。

この費用には家族が生活していくための費用、
子供たちの教育費用、
家族のレクリエーションのための費用など様々あります。

この費用をないがしろにしてしまうと、
家を建築したら生活に窮するようになった、
楽しみがなくなったなど

家庭内がぎくしゃくしてきて、
極端な場合家を建築しないほうが良かったなどと
考えてしまうことすら起こりえます。

家を建築するための予算が、
自己資金だけで賄えるのか、
足りなければ親からの援助を期待できるのか、

それでも足りなければローンを組むのか。
あるいは、全てローンで賄うのか。
ローンを組む場合は毎月の返済を考慮しなければなりません。

家の建築予算の内容により、
暮らし始めてからの生活に違いが出てきます。

予算の総額から生活資金、返済額、諸費用を差し引いた
残りの予算が実際に家の建築予算に充てられるということを
しっかり踏まえて、家の建築計画をしていくべきですね。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP