小さい家で暮らす工夫 | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > リフォーム > 小さい家を工夫して暮らす

小さい家を工夫して暮らす

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
創業78年、足立区で木造注文住宅専門の
村松工務店 代表の村松実です。

小さい家の暮らしは工夫しだい

小さい家で暮らす工夫

もともと狭い家に住み続ける場合と、
あえて狭い家にして家の周りの環境を有効に使う暮らし方があります。
都心では狭い土地が多いので、建てる家も狭く小さいものになってしまいます。

しかし、狭くても広く住まう工夫ができます。
その工夫の一つは室内空間を広く見せるようにつくることです。

空間をつなげることで広く感じることができます。
空間をつなげるためには部屋を小さくいくつもつくるのではなく、
できるだけ部屋を大きく間取ることを心がけることがたいせつです。

あるいはごいずれ家族の人数が減った時に
細かい部屋をつなげることができるように
あらかじめつくっておくということも有効です。

そうしておくことでリフォーム費用の軽減にもつながります。

また、窓を通して外を望むことができれば、
なお狭さを感じ難くなると思います。

窓を上手に配置することがたいせつになってきます。
部屋を広く感じるために目線が遠くに抜ける工夫ですね。

さらに、天井高さを低く抑える工夫をすることで
広く感じることができます。

家づくりでは天井を高くしたいと考える方も多いと思いますが、
狭く小さな家では低く抑える工夫による効果を期待できます。

天井の高さを低く抑えるメリットは他にもあります。
家全体の高さを低くできるので外壁や部屋の壁の面積が小さくなり、
工事費用が少なくなります。

また、外壁などの改修費用も軽減できるのも
家計に嬉しいことではないでしょうか。

さらに、部屋の体積が小さくなるので
冷暖房機器も小さい能力のもので済ませられます。
光熱費の削減にもなり助かります。

敷地に余裕があっても敢えて家を小さく建てる方法もあります。
庭を楽しんだり、
外に開いてリビングとウッドデッキをつなげて
広く使ったりということもできます。

さらに隣家との距離をおけるので
プライバシーの保護にも役立ちます。

小さい家で広く暮らす、小さい家にして周りを楽しむ。
いずれも工夫しだい、考え方しだいで
小さい家の価値を高めることができます。

小さい家ならではのメリットを
上手に生かして暮らしていくのも素敵ではないでしょうか。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP