建て替えか?リフォームか? | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > リフォーム > 建て替えか?リフォームか?

建て替えか?リフォームか?

Written by:

おかげさまで3代目。
足立区で木造注文住宅専門の村松工務店

主婦動線を考えたら足立区№1
スタッフの村松栄子です。

家づくりは、新築、建て替え、リフォームがあります。

20140711_建て替えか?リフォームか?

新築工事は、建物がない土地に家を建てることです。
建て替え工事は、家を解体して新しい家を建てることです。
リフォーム工事は、家は解体しないで内部変更をすることです。

そうなると、建て替えか?リフォームか?の悩みが発生します。
建て替えにしても、リフォームにしても
今の家を何らかの理由で、変更したいということになりますね。

たとえば、和室をフローリングにしたい。
キッチンが独立しているので、リビングダイニングと繋げたい。
そのような変更でしたら、迷わずリフォーム工事となりますね。

築年数が経っていて、内部もだいぶ傷んでいたり
間取りの使い勝手が良くないので、全体的に変更したい。

そのような場合は、
建て替えとリフォームのどちらがいいのか迷います。

私は、専門的なことはわかりません。
でも、迷うくらいの工事規模ってことは費用が掛かる、
ということは想像がつきます。

でも、構造や耐震などの重要な部分は
しっかりと工事をしましょうね。

建て替えの場合は、解体費用と残材処分費、
工事期間中の賃貸家賃、引っ越し費用が掛かります。

リフォームの場合は、解体費用は掛かりませんが
残材処分費は掛かります。

リフォーム工事は住みながらリフォーム出来ますが、
大規模リフォーム工事ともなるとどうでしょうね。

私は住みながらのリフォーム工事を経験したことがありますが、
どんなに養生シートをしっかりしても、部屋はザラザラしてしまいます。
ですから、住みながらリフォーム出来ます!とオススメしたくないです。

でも、費用を考えてそこは我慢する
っていう気持ちはわかりますよ

テレビで建て替えかと思うリフォームを見たことありますが、
あのくらい壊すなら、なぜ、建て替えないのかな。

と結婚したばかりの時は思いましたが、
今はリフォームにする訳が分かりました。

建て替えるくらい築年数が経っている家の場合は、
その頃と今の建築基準法が改正されて
建て替えは出来ないということなんですって。

素人の私だから、何で?と疑問に思ったのですが、
意外と知らない方っていますよね?

その場合は、建て替えかリフォームか
と悩むというよりリフォームとなります。

問題は、建て替えも出来る条件の場合ですね。
どちらにしようか?と迷って悩んでいる方は、
その家にどれくらい住みたいか
考えて検討してほしいと思います。

長く住み続けたいというのであれば
リフォームよりも建て替えとなるかもしれません。

一般的に、建て替えよりリフォームの方が
費用は掛からないと言われていますね。

ただ、リフォームは壊してみたら
傷みが予想外に進んでいることもありますから、

思っていたより費用が掛かってしまった。
ということもあります。

まずは、建築基準法で建て替えが可能かを知ること。
そして、建て替えとリフォーム両方の選択肢があるのなら、
費用のことも勿論ですが、あと何年この家に住みたいのか、
頭において慎重に家族と話し合ってくださいね。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP