住宅をリフォームする | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > リフォーム > 住宅をリフォームする

住宅をリフォームする

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
足立区で木造注文住宅専門の
村松工務店 代表の村松実です。

住宅のリフォームにはいろんなリフォームがあります

部屋の模様替えのようなリフォーム、
耐震リフォーム、
省エネリフォーム、
フルリフォーム、
スケルトンリフォームなど。

どれも、生活を、暮らしを向上させる、
快適にするリフォームです。

住宅をリフォームする

部屋の模様替えは部屋ごとにできるのでプチリフォームです。

気分転換にもなります。
模様替えに合わせて家具などの配置を変えたり、
インテリア小物なども変えていくと
ガラッとイメージが変わって楽しいですし、
新鮮な気分を味わえますね。

プチリフォーム程度なら、さあやるぞ!と
意気込まなくても気軽にできますね。
失敗してもやり直せますし。

私はけっこう部屋のプチリフォームが好きで、
なんの前触れもなく、
突然プチリフォームを始めたりするので、
家族には「またやってるの」と、
なかば呆れられたりもしています。

家具の配置やディスプレイを変えるだけで
気持ちがリセットされます。

住宅の耐震性を確保するためのリフォームは
今は、たいへんニーズが高いです。

関東にいつ地震が来てもおかしくないと
言われ続けているので、
築年数が多い住宅では心配だと思います。

耐震基準も、日本に大地震が来るたびに
厳しくなってきています。

昭和55年以前に建てられた木造住宅には、
各自治体から耐震診断費用と
それに基づく耐震改修費用が助成される制度があります。

ただ、利用するための条件が設定されているので
必ずしもみなさんが助成金制度を利用できる訳ではない
のはとても残念です。

この耐震改修は大地震が来ても倒れないという
基準の改修ではありません。

あくまでもその住宅に住む方たちが
外に逃げる時間を確保できるだけ倒壊しない
でいられるというレベルです。

必ず外に逃げるということが大前提です。

地震が収まっても、
生活を始めるには住宅の補修や改修が
必要になる場合も多いです。

助成金の出る耐震改修でも
基礎部分の改修は義務付けされていません。

あくまでも土台を含む住宅本体部分のみの
耐震補強という考えです。

基礎まで含めて工事をするとなると、
改修ではなく建て替えということになり、
行政への届け出が必要になります。

耐震リフォームは費用対効果や
工事中の暮らしをどうするかなどの点で、
とても大きな決断が必要になります。

省エネリフォームは住宅の断熱性能を高めて
熱効率を上げることが主な内容です。

住宅全体の断熱性能を高めるので、
省エネ性だけではなく、
住宅内事故を無くすことができます。

たとえば、暖かい部屋から急に寒いところに
出たりしたときに
大きな温度差で起こるヒートショックを
防ぐことが可能です。

断熱性の低い住宅の場合、
みんなが集まる部屋とか個室は暖かいですが、
廊下やトイレなどは冷え切っています。

特に入浴の場合、
脱衣室で裸になって浴室に入ると、
浴室がとても寒い場合にはヒートショックで
倒れてしまいます。

同じように風呂上りに脱衣室で
倒れてしまうケースも多いです。

消防庁の調査では、
住宅内でのヒートショックによる事故が
たいへん多い
と報告されています。

省エネリフォームは
住宅の屋根や外壁を全部剥がして、
外側から断熱材を取り付けたり、
吹き付けたりして住宅の断熱性能を上げる
やり方があります。1階の床下も断熱します。

この住宅省エネリフォームの場合は
住みながらでも可能です。

2020年には住宅の省エネ基準が大幅に見直され、
義務付けされていく方向で動いているようです。

省エネ性は地球温暖化に有効ですが、
その住宅に住む家族を住宅内事故から守る
ことにつながるので、

耐震リフォームと合わせて
これからますます重要になってくると思います。

家族を守るということでの
住宅リフォームという観点からすると、

フルリフォームやスケルトンリフォームで
住宅そのものを一度リセットして、
すべてを一気に向上させる住宅リフォーム
が今後増えてくると思います。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP