自然素材で家をリフォームしたくなったら | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > リフォーム > 自然素材で家をリフォームしたくなったら

自然素材で家をリフォームしたくなったら

Written by:

こんにちは!
おかげさまで3代目。
創業78年、足立区で木造注文住宅専門の
村松工務店 代表の村松実です。

家のリフォームを考えたらどこに相談しますか

リフォーム会社でしょうか。規模は大手ですか、中小ですか。
コマーシャルするような大きなリフォーム会社ならが安心ですか。

自然素材で家をリフォームしたくなったら

家のリフォームをどこに頼んだらいいのかまったくわからない場合は
てっとり早く誰もが知っているリフォーム会社を選ぶかもしれません。
価格の相談にも応じてくれそうですし。
どんなことでもできると思えるかもしれません。

でも、自然素材で家をリフォームしたいと考えたときは、
その知識がある業者なのか手掛けたことがある業者なのか
確認することがとてもたいせつです。

「リフォーム工事ならなんでもお任せください。」という会社は多いです。
しかし、自然素材を使った家のリフォームとなると安心できません。

自然素材を生かしてリフォームしたいと考えたときに、
自然素材を扱ったことがないとか、
自然素材のリフォームが得意ではないとしたらどうでしょうか。

自然素材そのものはたくさん出回っていますのでどこでも入手可能です。
価格もピンからキリまであります。
しかし、素性がいいかどうかはわかりません。
自然素材の材料が実際に届いてみないと判断つかない場合があります。

ですから信用を置ける建材業者から入手することが
一番安心ですし、
間違いありません。

でも、自然素材の扱いに慣れている業者ならいいのですが、
そうでない場合仕入れルートもしっかりしていない場合もありますし、
熟練の職人さんがいない場合もあります。

また自然素材のリフォームが得意でなくその扱い方に不慣れなため、
自然素材特有の性質を把握できておらず、
対応できずに仕上がりに影響が出てしまう場合が少なくありません。

リフォームの完成直後は良く仕上がっているように見えても、
時間が経つにつれて不具合が出てくる場合もあります。
そんなとき自然素材の家リフォームが不慣れな会社だと
対応ができないで放置されてしまう話をしばしば耳にします。

家のリフォームを自然素材でしたいと考えるのであれば、
まずはしっかりした業者選びからスタートしたいですね。

業者の中には価格だけでお客様から選ばれようと
がんばっているところもあります。

価格はやり方次第で安くすることはできます。
しかし、安いけど粗悪な自然素材を使い、
半人前の職人に仕事をさせる。
その場凌ぎの工事になってしまう恐れがあります。

家を自然素材でリフォームする場合
メンテナンスのことまで考えておかないといけません。

ところが半人前の職人さんがメンテナンスできるか疑わしいですし、
材料そのものが粗悪であればメンテナンスしようがありません。
アフターフォローができませんので、
引き渡しが済んだらあとは知らない、という業者すらいます。

無しのつぶてで、結局別の業者にメンテナンスを依頼することになり、
かえって最初からしっかりした自然素材での家リフォームをしていた場合より
費用が嵩んでしまう結果になりかねません。

今では常識のようになっている合板化粧フロアーやビニールクロスを使った
リフォームであれば、ほとんどの業者、職人さんが手掛けていて慣れているので
大差なく、無難に仕上がると思います。
慣れているから早く仕上げられ、
数をこなせるので価格を下げることも可能です。

職人さんを金額で選んで仕事をさせるので、
手間の安い職人さんたちは早さと数をこなすことに集中し、
仕上がりにしわ寄せがくることもしばしばあります。

しかし、ご自身の家をリフォームしたい、しかも自然素材でとなれば
仕上がりが一番たいせつなはずです。

しっかりした建材屋さんから素性のいい自然素材を仕入れ、
熟練の職人さんにていねいに工事をしてもらう。
そのための費用は惜しんではいけません。

家を自然素材でリフォームするときは、
仕上がりとメンテナンスに責任を持てる業者に
依頼することがたいせつだと思います。

村松工務店は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP