家づくりに秋の快適さをもたらす工夫 | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 快適な暮らし > 家づくりに秋の快適さをもたらす工夫

家づくりに秋の快適さをもたらす工夫

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

夏があるから秋の良さがわかる


過ごしやすい季節の秋を迎え、暑い夏の不快さを忘れてしまっていませんか。秋に感じる過ごしやすさをぜひからだで覚えていてください。快適さは気温・室温だけの問題ではなく、湿度が大きく関わっていることはなんとなくでも感じられると思います。不快指数という言葉が示すように、気温・室温が高くても湿度が低ければ、それほど不快には感じないものです。
例えばハワイなどのリゾート地が心地良く感じるのは、気温が高くても湿度が低く空気がサラリとしているからです。ハワイのような居心地良さを日本の家でも感じられる工夫をしたいと思っています。エアコンにもドライ機能があるように、いかに湿度をコントロールするかが鍵ですね。家づくりにこの快適さを、一年中通して感じられる工夫をするために湿度を調整する様々な方法が考えられています。

自然素材の「調湿機能」で快適に

快適に過ごせる家を作る、その答えのひとつは湿度をコントロールできる家、つまり自然素材を有効に活用した家にすることです。自然素材には、空気中に湿気が多い時には水分を吸収し、乾燥している時は水分を放出するという性質があります。
その自然素材を使った家なら、家そのものが調湿作用を持つわけです。
厳しい季節の夏場だけでなく、ジメジメする梅雨時や結露の起きやすい冬場にも、自然素材の調湿作用は家族が過ごす空間を快適に保ってくれます。快適な暮らしは家づくりの工夫次第です。

リフォームをする時には、ぜひ自然素材を取り入れてください。

住宅を建てるなら、あらかじめ断熱・気密の性能を高める工夫や風通しを計算した上で自然素材を活用すれば、さらに快適な住まいづくりができます。自然素材を活かしたリフォームもお勧めです。家族が長く居る部屋だけでも内装仕上げに自然素材を取り入れるだけで、みんなが快適さを共有できます。
私たちは、自然素材の家の気持ち良さを一人でも多くの方に知っていただき、地域の皆さんの健康を支える住まいづくりを目指しています。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
みなさんに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP