家族が健康でいられる住宅にするために|足立区で健康住宅づくりなら | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 代表者のつぶやき > 家を健康につくり、いつまでも元気で暮らすお手伝い

家を健康につくり、いつまでも元気で暮らすお手伝い

Written by:

上質でヘルピー(ヘルシーでハッピー)な暮らしづくりを追求し、応援したい
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

新しい年を迎え11日が経ちました。おかげさまで各現場も始動しています。お客様と家づくりに関わる全ての職人たちに感謝の気持ちでスタートです。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年末から今年の目標をいろいろと考えていました。その中で、常に行き着くところは「健康」というキーワードでした。人は「健康」で過ごせているときは、そのことを当たり前に思います。その一方で「健康」はいつでも話題の中心にあり、誰もが気になっています。ダイエット、オーガニックなどの言葉はからだにいい(健康)ということにつながっています。健康でなければ何もできませんから当然ですね。

その「健康」にいつも考えが行き着きます。私は病気がちだったわけではありませんが、自分のからだが健康であるということに興味がありました。単に「病気でない」ということではありません。からだが病気を発症寸前では健康とは言えないと思います。

最初はからだが健康になるための食べ物、食べ方に興味を持ちました。そして、からだを動かす運動の方法も気になり出しました。人間だって動物ですから、動くことが前提で存在しています。そして、肉体そのものではなく、からだの動きをコントロールする脳やマインド、氣にも興味が及びました。

現在私の本職である住まいづくりも「健康」という言葉が鍵になっています。家はただ雨風を凌げればいいという時代ではなくなりました。家族みんなが健康でいられるつくり方がたいせつになってきていると思います。

私は自然素材を活かした家づくりを手掛けています。自然素材でつくられた家は本当に居心地がよく、気持ちがなんだかホッとする空間をつくり出してくれます。これは私が今の家づくりを手掛ける前に訪れた「無垢の木と天然素材」でつくられたモデルハウスで体感したことが大きなきっかけとなっています。

自然素材の家づくりを手掛ける前はビニールクロスや工業建材の家づくりをしていました。現在、普通と言われている家づくりです。でも、そのモデルハウスで私は衝撃を受けました。からだが感じました。そして、健康という私の中のキーワードと共鳴したんです。それからは健康でしあわせな暮らしを望む人たちに、自然素材を活かした家づくりで貢献したいと思うようになりました。この思いはこれからも変わりません。

そして、今年はさらに新しい思いが芽生えました。家をつくるということだけではなく、家に住み始めてからもずっとご家族が健康でしあわせな暮らしができるようにお手伝いしたいという思いです。しあわせになるために建てた家なのに、体の不調などで、家で健康に過ごす時間が少なくなってしまっては残念でなりません。

もちろん私に病気や症状を治す能力、資格はありません。でも、病気になる原因を取り除くためのいろんな情報提供はできると思います。まだまだ世間的に知られていないことでも、私たちの健康を維持するためにたいせつなことを知ることができます。

たとえば食べ物について。私たちの今のからだの状態をつくっているのはそれ以前にからだに取り入れた物です。また、運動も欠かせません。健康素材の家で、長く健康に住み続けるために必要な、食べること、からだ全体のバランスを整えることなど、健康につながる情報提供を心がけていきたいと思います。

情報を知り、生かすことは全て、「健康」というキーワードに結びつく私の中の大きなテーマです。ご家族が理想の家をつくった後も、健康に暮らすためのお手伝いができたら、いつまでも楽しい健康ライフを送っていただけるのではないかと思っています。

ただ、家をつくるだけではなく、家族の「健康スタイル」づくりのお手伝いができたら、私の大きな喜びです。
御縁をいただいたみなさまの「家から始まる健康スタイルづくり」のために学び、発信していきたいと思っています。

村松工務店は自然素材を生かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP