つらいダイエットで思わぬ効果が | 株式会社 村松工務店
トップページ > ブログ > 代表者のつぶやき > つらいダイエットで思わぬ効果が

つらいダイエットで思わぬ効果が

Written by:

上質な暮らしを追求する
足立区の村松工務店 代表の村松実です。

ひとりごと

 

ライ〇ップに刺激を受けて

以前、ダイエットをしたことがあります(今もダイエット中ですが)。4か月ほどで6㎏くらい落しました。

僕のお腹ではありません、念のため

当時ライ〇ップのCMを目にして(いまでも刺激的に続いていますね)、僕も指導を受けたいと思いました。でも、指導を受けられる資金もなく、同じようなことをすれば痩せられるのではと、ライ〇ップの仕組を誰かから聞き、それを自分なりに実践しました。

主に食事制限と筋トレです。具体的には食事では糖質を控えること。筋トレはジムに通う余裕がなかったので、自宅で自重による筋トレ(腕立て伏せ・腹筋・スクワット・ダンベルを使った腕のトレーニング)と時々ルーム・トランポリンをやりました。

トレーニングは昔から適度に行っていたので苦ではなかったけど、やはり食事制限は慣れるまできつかったですね。仕事柄昼ごはんは外食が多く、時間を読めるのとそれほどはずれがないし、何よりも好きだということでラーメンを食べることが多かったです。とりわけとんこつラーメンが好きで、脂こってりなんか最高でした。大盛にしたり、ごはんや餃子などのサービスがあると必ず頼んでました。これでは太るのも無理ないと思います、今となって考えると。

ラーメン屋が目に飛び込んでくる


こんな僕ですから、まずはラーメンを食べるのをできるだけ控えることにしました。最初はつらかったですね。
不思議なもので、食べないと決意すればするほど、街のラーメン屋さんの看板が目に入ってきます。ラーメン屋さんの前を通り過ぎる時の苦しさ、くやしさ。痩せたら食べるぞ、と思いながら結構我慢しました。
定食屋さんなどで済ます時はご飯を残すようにしました。食べ物を残すことにはとても罪悪感があったので、半ライスにするようになりました。

トレーニングは週3回(1回30分~60分程度)行いました。最初の2ケ月くらいはほとんど体重に変化は見られませんでした。3ケ月目くらいから減ってきて、4ケ月目には4㎏くらい減ってました。ラーメンを控えたのが功を奏したようです。

湿疹が治った!?

体重が減ってくると、からだの軽さを感じられ、とても楽になりました。食べる量が少ないことにも慣れてきて、むしろ空腹感が少しあった方がからだが快調に感じるようになりました。昼食の後の眠気も抑えられたし、集中力が続くような感じでした。

なによりうれしかったのは、手の湿疹が治り、きれいになったんです。実は、何年も手の湿疹がひどく、荒れてカサカサになったり、ひび割れしたり、痒かったりしている状態でした。なかなか治らなくて、いろんな皮膚科にお世話になり、塗り薬などをもらって治療していたのに一向に良くならなかったんです。医者には「治療には長い時間が必要だ」と言われていました。

その湿疹があっという間に良くなったんですね。これには私はもちろんですが、妻もびっくりしていました。湿疹という皮膚の病気ではありますが、内臓からきていたんだと思いました。普段から口にしている物に原因があったのか、と思い知らされた感じでした。

ダイエットには見た目だけではない効果がある

体重が減ってきて、少し気を緩めてラーメンを食べすぎたり、暴飲暴食が続くと手の湿疹がぶり返してくることがあり、「いけない、いけない」と、今では自分を戒めるバロメーターになっています。
はけるパンツがなくなってきて、鏡に映る自分の姿、出っ張っている腹を見るたびに自己嫌悪に陥ることで始めたダイエットですが、思いもよらぬ効果が出て、これからも体重を増やさず、適正な体重を維持していきたいと思う今日この頃です。

目標体重にはまだまだ達していませんが、ダイエットは見た目だけではなく(もちろん見てほしいですが(笑))、
自分の健康のためであることを実感したので続けていきたいと思っています。

村松工務店は自然素材を活かした家づくりで、
あなたに幸せな暮らしをお届けする地域密着工務店です。

無料資料のご請求・お問い合せはこちらから

▲ PAGE TOP